今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Windows10 の使い方と設定
  3. Twitter(ツイッター) - ログインとログアウト
  4. Windows10 - スタートメニュー - スタート画面のカスタマイズ
  5. Windows10 - Internet Explorer を使う方法

Apple ID - 修復用メールアドレスを追加 - レスキューメールアドレス

スポンサーリンク

Apple ID に修復用メールアドレスを追加する方法を紹介します。

セキュリティ質問を忘れた場合は、登録した修復用メールアドレスを使って、質問をリセットすることができます。

修復用メールアドレスはレスキューメールともいうそうです。

修復用メールアドレスを追加

スポンサーリンク

apple-id-add-rescue-email-1
真ん中にある「Apple アカウント管理」から次の項目を入力し、サインインしましょう。

  • Apple ID
  • パスワード

apple-id-add-rescue-email-2
サインインしたら「セキュリティ」項目の

apple-id-add-rescue-email-3
右の方にある「編集」をクリックします。

apple-id-add-rescue-email-4
クリックすると「セキュリティ質問に答えてください」というポップアップが表示されるので、セキュリティ質問を入力し「続ける」をクリックしましょう。

apple-id-add-rescue-email-5
修復用メールアドレスというところの「メールアドレスを追加」をクリックします。

apple-id-add-rescue-email-6
メールアドレスを入力し、「続ける」をクリックします。

apple-id-add-rescue-email-7
すると、入力したメールアドレスに「確認コード」が送信されます。

メールを確認しましょう。

apple-id-add-rescue-email-8
メールに記載されている「確認コード」を

apple-id-add-rescue-email-9
入力し、「確認」をクリックしましょう。

apple-id-add-rescue-email-10
これで「修復用メールアドレス」の追加の完了です。

セキュリティ質問を忘れた場合はこの修復用メールアドレスを使って、リセットすることができます。

スポンサーリンク