今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Windows10 の使い方と設定
  3. Twitter(ツイッター) - ログインとログアウト
  4. Windows10 - スタートメニュー - スタート画面のカスタマイズ
  5. Windows10 - Internet Explorer を使う方法

iPhone - 画面表示を拡大(標準)に設定する方法

スポンサーリンク

iPhone の画面表示を拡大(標準)に設定する方法を紹介します。

iPhone の画面表示は

標準

iphone-display-standard-zoom-01

拡大

iphone-display-standard-zoom-02

の2つの大きさから選択することができます。

スポンサーリンク

この画面表示の設定はあとから切り替えることができるので、ここではその設定方法をみていきます。

また、文字のサイズ・太さを変更することもできるので、合わせてご覧ください。

画面を拡大表示(標準)に設定

それでは実際に設定してみましょう。

iphone-display-standard-zoom-03

ホーム画面の「設定」をタップします。

iphone-display-standard-zoom-04

設定です。

「画面表示と明るさ」をタップします。

iphone-display-standard-zoom-05

画面を下へスクロールし

iphone-display-standard-zoom-06

「拡大表示」というところから設定します。

iPhone の表示を選択します。「拡大」ではコントロールが拡大表示されます。「標準」ではより多くの内容が表示されます。
iphone-display-standard-zoom-07

「表示」をタップします。

iphone-display-standard-zoom-08

すると、このように「標準」「拡大」の画面を確認することができるので、どちらかをタップしましょう。

ここでは「拡大」をタップしてみました。

iphone-display-standard-zoom-09

すると、このように画面表示が切り替わります。

iphone-display-standard-zoom-10

左右にスワイプすると

iphone-display-standard-zoom-11

このように「メッセージ」や

iphone-display-standard-zoom-12

「メール」での画面表示を確認することができます。

iphone-display-standard-zoom-13

右上の「設定」をタップすると現在選択している画面表示(標準/拡大)に設定を変更することができます。

iphone-display-standard-zoom-14

設定をタップすると、このようなポップアップが表示されるので「拡大を使用」をタップします。

iphone-display-standard-zoom-15

しばらくすると……

このように画面表示が切り替わります。

スポンサーリンク