今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Windows10 の使い方と設定
  3. Twitter(ツイッター) - ログインとログアウト
  4. Windows10 - Internet Explorer を使う方法
  5. Windows10 - Microsoftアカウントを新規に作成する方法

iPhone/iPad - カメラで撮った写真・ビデオに位置情報を付与しない

スポンサーリンク

iPhone/iPad のカメラで撮った写真・ビデオに位置情報を付与しないように設定する方法を紹介します。

iOSデバイス(iPhoneやiPad)には、デバイスの位置情報を把握する機能があります。これによりデバイスがどこにあるかを地図アプリで確認したり、紛失したデバイスを探すことができます。

また、この位置情報サービスを使って写真やビデオに撮影した位置情報を付与することもできます。

しかし、プライバシーの観点から写真やビデオに位置情報を付与したくない……という方もいるでしょう。そんな方のためにカメラで撮った写真・ビデオに位置情報を付与しないように設定する方法をみていきます。

スポンサーリンク

位置情報サービスの設定

それではカメラの位置情報サービスを設定する方法をみていきます。ここでは iPhoneの画面を使って設定していますが、iPadでも同じように設定することができます。

iphone-ipad-camera-turn-off-location-services-01

ホーム画面の「設定」をタップします。

iphone-ipad-camera-turn-off-location-services-02

設定です。

画面を下へスクロールし

iphone-ipad-camera-turn-off-location-services-03

「プライバシー」をタップします。

iphone-ipad-camera-turn-off-location-services-04

プライバシーの設定です。

「位置情報サービス」をタップしましょう。

iphone-ipad-camera-turn-off-location-services-05

「位置情報サービス」そのものを「オフ(白色)」にしても写真・ビデオに位置情報は付与されなくなります。

しかし、「オフ」にしてしまうと……その他のサービスも利用できなくなってしまうので、あまりおすすめできません。

iphone-ipad-camera-turn-off-location-services-06

画面を下へスクロールし

iphone-ipad-camera-turn-off-location-services-07

「カメラ」をタップしましょう。

iphone-ipad-camera-turn-off-location-services-08

すると、「位置情報の利用を許可」という項目が表示されるので

  • 許可しない
  • このAppの使用中のみ許可
iphone-ipad-camera-turn-off-location-services-09

「許可しない」を選択しましょう。

iphone-ipad-camera-turn-off-location-services-10

これで設定完了です。

カメラで撮影した写真・ビデオに位置情報が付与されなくなります。

スポンサーリンク