今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Windows10 の使い方と設定
  3. Twitter(ツイッター) - ログインとログアウト
  4. Windows10 - スタートメニュー - スタート画面のカスタマイズ
  5. Windows10 - Internet Explorer を使う方法

iPhone/iPad - カレンダーのタイムゾーン(時間帯)を設定

スポンサーリンク

iPhone/iPad のカレンダーのタイムゾーン(時間帯)を設定する方法を紹介します。

デフォルトの設定では、現在の位置情報に基づいた時間帯になっていますが、お好みのタイムゾーンに設定することができるので、ここではその方法を紹介します。

カレンダーのタイムゾーン(時間帯)

ここではiPhoneの画面を使って、設定方法を紹介します。iPadでも同じように設定することができます。

スポンサーリンク
iphone-ipad-change-calendar-time-zone-01

ホーム画面の「設定」をタップします。

iphone-ipad-change-calendar-time-zone-02

設定です。

画面を下へスクロールし

iphone-ipad-change-calendar-time-zone-03

「メール/連絡先/カレンダー」をタップしましょう。

iphone-ipad-change-calendar-time-zone-04

画面を下へスクロールし

iphone-ipad-change-calendar-time-zone-05

「カレンダー」という項目の

iphone-ipad-change-calendar-time-zone-06

「時間帯を指定」をタップします。

iphone-ipad-change-calendar-time-zone-07

デフォルトの設定では、時間帯が「オフ」になっています。

時間帯を指定すると、イベントの日時が設定した時間帯で表示されます。
「オフ」の場合は現在の位置情報に基づいて検出された時間帯で表示されます。

iphone-ipad-change-calendar-time-zone-08

時間帯を指定を「オン」にしましょう。

iphone-ipad-change-calendar-time-zone-09

すると、このように「時間帯」が選択可能になり、現在の位置情報に基づいた設定になります(ここでは「東京」)。

「時間帯」をタップしましょう。

iphone-ipad-change-calendar-time-zone-10

すると、このように検索フォームが表示されるので

iphone-ipad-change-calendar-time-zone-11

「都市名」を入力しましょう(ここでは「los」)。

iphone-ipad-change-calendar-time-zone-12

すると、入力した都市名の候補が表示されるので、どれかを選択します(ここでは「ロサンゼルス、米国」)。

iphone-ipad-change-calendar-time-zone-13

すると、このようにカレンダーの時間帯を(ロサンゼルスに)設定することができます。

スポンサーリンク