今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Twitter(ツイッター) - ログインとログアウト
  3. Windows10 の使い方と設定
  4. Windows10 - Internet Explorer を使う方法
  5. Windows10 - スタートメニュー - スタート画面のカスタマイズ

iPhone/iPad - パスコード10回失敗するとデータを消去するように設定

スポンサーリンク

iPhone/iPad のパスコードを10回失敗するとデータを消去するように設定する方法を紹介します。

iPhone/iPad をパスコードでロックすると、ロック解除時にパスコードの入力を要求されるので、第三者に iPhone/iPad の中身が見られないように保護することができます。

iphone-ipad-enable-erase-data-after-10-failed-passcode-01

パスコードを「オン」にしていない方はこちらを参考にパスコードを「オン」にしましょう。

iOS9以降からパスコードが6桁になり、セキュリティーが強化されましたが、まだまだ心配……という方もいるでしょう。

そんな方はパスコードを10回失敗するとiPhoneやiPadのデータを消去するように設定しておきましょう。

スポンサーリンク

パスコード10回失敗するとデータ消去

それでは設定方法をみていきます。

iphone-ipad-enable-erase-data-after-10-failed-passcode-02

ホーム画面の「設定」アイコンをタップします。

iphone-ipad-enable-erase-data-after-10-failed-passcode-03

「設定」です。

画面を下へスワイプします。

iphone-ipad-enable-erase-data-after-10-failed-passcode-04

「Touch IDとパスコード」をタップします。

iphone-ipad-enable-erase-data-after-10-failed-passcode-05

「Touch IDとパスコード」です。

画面を下へスワイプします。

iphone-ipad-enable-erase-data-after-10-failed-passcode-06

「データを消去」をオンにしましょう。

iphone-ipad-enable-erase-data-after-10-failed-passcode-07

「使用」をタップします。

パスコードの入力に10回失敗すると、このiPhone上のすべてのデータが消去されます。
iphone-ipad-enable-erase-data-after-10-failed-passcode-08

これで「データを消去」がオンになりました。

iphone-ipad-enable-erase-data-after-10-failed-passcode-09

実際にデータが消去されるかどうか……を確認してみましょう。

iphone-ipad-enable-erase-data-after-10-failed-passcode-10

5回パスコードを間違えると

iPhoneは使用できません
1分後にやり直してください

と表示され、「1分間」iPhoneが使用できなくなります。

iphone-ipad-enable-erase-data-after-10-failed-passcode-11

6回パスコードを間違えると

「5分間」iPhoneが使用できなくなります。

iphone-ipad-enable-erase-data-after-10-failed-passcode-12

7回(8回目も)パスコードを間違えると

「15分間」iPhoneが使用できなくなります。

iphone-ipad-enable-erase-data-after-10-failed-passcode-13

9回パスコードを間違えると

「60分間」iPhoneが使用できなくなります。

そして……

10回パスコードを間違えると……

データが消去(初期化)されます……。

スポンサーリンク