今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Windows10 の使い方と設定
  3. Twitter(ツイッター) - ログインとログアウト
  4. Windows10 - スタートメニュー - スタート画面のカスタマイズ
  5. Windows10 - Internet Explorer を使う方法

iPhone/iPad - iCloudストレージプラン変更(容量を減らす/ダウングレード)

スポンサーリンク

iCloudのストレージプランを変更し、使用できる容量を減らす(ダウングレード)方法を紹介します。

スポンサーリンク

iCloudのストレージプランを変更(ダウングレード)

それでは実際にiCloudのストレージプランを変更する方法をみていきます。ここでは iPhoneの画面を使って変更していますが、iPadでも同じように変更することができます。

iphone-ipad-icloud-storage-downgrade-01

ホーム画面の「設定」をタップします。

iphone-ipad-icloud-storage-downgrade-02

設定です。

画面を下へスクロールし

iphone-ipad-icloud-storage-downgrade-03

「iCloud」をタップしましょう。

iphone-ipad-icloud-storage-downgrade-04

iCloud の設定です。

「容量」をタップし

iphone-ipad-icloud-storage-downgrade-05

ストレージから使用可能(空き容量)を確認し、iCloud のストレージプランをダウングレード可能かどうかを確認しましょう。

iphone-ipad-icloud-storage-downgrade-06

確認が終わったら「ストレージプランを変更」をタップします。

iphone-ipad-icloud-storage-downgrade-07

現在のプランです。

iphone-ipad-icloud-storage-downgrade-08

画面を下へスクロールすると

iphone-ipad-icloud-storage-downgrade-09

ダウングレードオプションという項目があります。

デバイスから、いつでもキャンセルまたはダウングレードすることができます。

iphone-ipad-icloud-storage-downgrade-10

「ダウングレードオプション」をタップします。

iphone-ipad-icloud-storage-downgrade-11

すると、「iTunes Store」にサインインというポップアップが表示されるので、「パスワード」を入力し「OK」をタップしましょう。

iphone-ipad-icloud-storage-downgrade-12

ダウングレードオプションです。

現在のプランからダウングレードするプランを選択しましょう。

iphone-ipad-icloud-storage-downgrade-13

ここでは「50GB」を選択しました。

iphone-ipad-icloud-storage-downgrade-14

選択したら画面右上の「完了」をタップします。

iphone-ipad-icloud-storage-downgrade-15

タップすると、「ダウングレードの確認」というポップアップが表示されるので

50GB以上のストレージをご利用になっている場合、より大容量のプランを選択するか、データを削除する必要があります。

iphone-ipad-icloud-storage-downgrade-16

「ダウングレード」をタップしましょう。

iphone-ipad-icloud-storage-downgrade-17

この画面が表示されれば、ダウングレード完了です。

スポンサーリンク