今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Windows10 の使い方と設定
  3. Twitter(ツイッター) - ログインとログアウト
  4. Windows10 - スタートメニュー - スタート画面のカスタマイズ
  5. Windows10 - Internet Explorer を使う方法

Macアプリ「Deeper」で、さまざまな隠し機能を使う

スポンサーリンク

Macアプリ「Deeper」で、さまざまな隠し機能を使う方法を紹介します。

アプリ「Deeper」を使えば、ターミナルのコマンドを使わなければ設定できないような「隠し機能」を簡単に使うことができます。

Macアプリ「Deeper」

スポンサーリンク

mac-app-deeper-01
「Download」をクリックしましょう。

すると、dmgファイルのダウンロードがはじまります。

mac-app-deeper-02
ダウンロードが終わったら、それを起動しましょう。

mac-app-deeper-03
アプリ「Deeper」を「アプリケーション」フォルダへドラック&ドロップしましょう。

mac-app-deeper-04
「アプリケーション」フォルダへ移動し

アプリ「Deeper」を選択・右クリックし、「開く」をクリックします。

mac-app-deeper-05
「Deeper を開いてもよろしいですか?」というポップアップが表示されるので、「開く」をクリックします。

mac-app-deeper-06
「パスワード」を入力し、「OK」をクリックします。

mac-app-deeper-07
ライセンスです。「Agree」をクリックしましょう。

mac-app-deeper-08
Deeper が起動しました。

さまざまなメニューが用意されており、設定は多岐にわたるので……ここではいくつかの隠し機能をみてみましょう。「Finder」をクリックします。

mac-app-deeper-09
Finder では、例えば次のような設定を行うことができます。

  • Show hidden files and folders(隠しファイル・フォルダを表示)
  • Show the item path in the windows title(Finderのタイトルにフルパスを表示)
  • Hide the desktop icons(デスクトップのアイコンを非表示)

mac-app-deeper-10
次は Dock をみてみましょう。

mac-app-deeper-11
Dock では、例えば次のような設定を行うことができます。

  • Minimize using(ウィンドウ最小化のエフェクト)
  • Position(Dockの位置)

これらはシステム環境設定でも設定することができますね。

このように「隠し機能」に加え、「システム環境設定」で行う設定を集約してくれているのでアプリ「Deeper」です。

なかなか便利なアプリなので、使ってみてください。知らなかった便利な隠し機能に出会えるかもしれませんね。

スポンサーリンク