今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Twitter(ツイッター) - ログインとログアウト
  3. Windows10 の使い方と設定
  4. Windows10 - Internet Explorer を使う方法
  5. Windows10 - Microsoftアカウントを新規に作成する方法

Mac - パスワードの自動生成アプリ「PwGenerator」

スポンサーリンク

Mac で利用できるパスワードの自動生成アプリ「PwGenerator」を紹介します。

パスワードと言えば!

管理人も使っているパスワードの生成・管理、他のデバイスとの同期などができるパスワード管理アプリ「1Password」が有名ですが、ちょっと価格が高いです……。

そのため、パスワードの生成だけなら無料アプリ「PwGenerator」を使うのもいいかもしれません。

Macアプリ「PwGenerator」

まずは、こちらからアプリ「PwGenerator」をインストールしましょう。

PwGenerator

価格: 無料(記事公開時)
カテゴリ: ユーティリティ
© 2016 HugyApps

スポンサーリンク

mac-app-pwgenerator-01
Finder の「アプリケーション」フォルダからインストールしたアプリ「PwGenerator」を起動します。

mac-app-pwgenerator-02
起動すると、このような小さなウィンドウが表示されます。

それではアプリ「PwGenerator」の使い方をみていきましょう。

mac-app-pwgenerator-03
ここには生成されたパスワードが表示されます。

mac-app-pwgenerator-04
ここをクリックするとパスワードを再生成することができます。

mac-app-pwgenerator-05
パスワードの長さを指定します。デフォルトでは「20文字」になっています。

mac-app-pwgenerator-06
パスワードの種類です。次の4つから選択することができます。

  • Normal
  • Long
  • WEP
  • WPA/WPA2

mac-app-pwgenerator-07
生成するパスワードに含む文字列の種類を設定できます。

  • Capital letters(大文字)
  • Small letters(小文字)
  • Degits(数字)
  • Symbols(記号)

mac-app-pwgenerator-08
パスワードの強度(Strength)です。

mac-app-pwgenerator-09
例えば、パスワードの文字列を少なくすると

mac-app-pwgenerator-10
このようにパスワードの強度が弱くなります。

mac-app-pwgenerator-11
パスワードの設定を変更し、(パスワードの強度を確認しながら)お好みのパスワードを生成しましょう。

PwGenerator

価格: 無料(記事公開時)
カテゴリ: ユーティリティ
© 2016 HugyApps

スポンサーリンク