今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Twitter(ツイッター) - ログインとログアウト
  3. Windows10 の使い方と設定
  4. Windows10 - Internet Explorer を使う方法
  5. Windows10 - Microsoftアカウントを新規に作成する方法

Mac - iCloudにファイルを保存 - 書類およびデータ

スポンサーリンク

MacからiCloud上にファイル(書類およびデータ)を保存する方法を紹介します。

iCloudの設定

まずは、iCluodの設定をします。

mac-icloud-file-save-01
Appleメニューから「システム環境設定」をクリックします。

スポンサーリンク

mac-icloud-file-save-02
クリックすると「システム環境設定」ウィンドウが表示されるので、その中から「iCloud」アイコンをクリックします。

mac-icloud-file-save-03
「書類とデータ」にチェックを入れます。

mac-icloud-file-save-04
チェックを入れたら「オプション」をクリックします。

mac-icloud-file-save-05
クリックするとiCloudに書類とデータを保存するアプリケーションが表示されます。

それでは実際にファイルをiCloudに保存してみましょう。ここではMacに標準搭載されているアプリ「テキストエディット」から保存します。

mac-icloud-file-save-06
Finderの「アプリケーション」から「テキストエディット」を起動します。

mac-icloud-file-save-07
適当に編集します。

mac-icloud-file-save-08
テキストエディットのメニュー「ファイル」→「保存」をクリックします。

mac-icloud-file-save-09
場所の選択肢をクリックします。

mac-icloud-file-save-10
クリックすると選択肢が表示されるので、「iCloud」を選択します。

mac-icloud-file-save-11
名前を編集し、「保存」をクリックします。

これでファイルがiCloudに保存されました。確認してみましょう。

mac-icloud-file-save-12
テキストエディットのメニュー「ファイル」→「開く」をクリックします。

mac-icloud-file-save-13
クリックすると、このようなウィンドウが表示されるので、左上の「iCloud」をクリックします。

mac-icloud-file-save-14
クリックするとiCloud上に保存されているファイルが表示されます。

スポンサーリンク