今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Twitter(ツイッター) - ログインとログアウト
  3. Windows10 の使い方と設定
  4. Windows10 - Internet Explorer を使う方法
  5. Windows10 - スタートメニュー - スタート画面のカスタマイズ

Mac - 復元ディスクの作成 - Macが起動しないときのために

スポンサーリンク

ここではMacが起動しないときに利用する「復元ディスクの作成」方法を紹介します。

復元ディスクの作成には、1GB 以上の空き容量があるUSBメモリ・ハードディスクが必要なので、用意しておきましょう。

mac-recovery-disk-00
用意したUSBメモリをMacに挿入しておきましょう。

Mac - 復元ディスクの作成

スポンサーリンク

mac-recovery-disk-01
ページ上部にある「Download」をクリックします。

クリックすると dmgファイルのダウンロードがはじまります。

mac-recovery-disk-02
ダウンロードした dmgファイルを開き「復旧ディスクアシスタント」を起動します。

mac-recovery-disk-03
起動すると「復元ディスクアシスタント」の「ソフトウェア使用許諾契約」が表示されるので、「同意する」をクリックします。

mac-recovery-disk-04
復元ディスクを作成する「ディスク」を選択し、「続ける」をクリックします。

※ 選択したディスク上のすべての情報が消去されます。

mac-recovery-disk-05
「パスワード」を入力し、「OK」をクリックします。

mac-recovery-disk-06
クリックすると復元ディスクの作成がはじまります。

作成には2〜3分かかります。

mac-recovery-disk-07
「復元ディスク」の作成が完了しました。「終了」をクリックします。

復元ディスクの使い方

「option」キーを押しながら(押しっぱなし)、Macの電源を投入します。

mac-recovery-disk-08
すると、このようにいくつかの起動ディスクが表示されるので、

mac-recovery-disk-09
「復旧**」を選択し、Enterキーを押します。

mac-recovery-disk-10
すると、「OS X ユーティリティ」が表示されるので、ここから「OS X の再インストール」や「ディスクの修復」を実行しましょう。

スポンサーリンク