今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Twitter(ツイッター) - ログインとログアウト
  3. Windows10 の使い方と設定
  4. Windows10 - Internet Explorer を使う方法
  5. Windows10 - Microsoftアカウントを新規に作成する方法

Apple TV(第3世代) - リモコンの電池を交換

スポンサーリンク

Apple TV のリモコン「Apple Remote」の電池を交換する方法を紹介します。

「Apple Remote」の電池残量が少なるとApple TVに警告マークが表示されるので、コイン電池(ボタン電池)「CR2032」と交換しましょう。

それでは、実際にApple TVのリモコンの電池を交換する方法をみていきます。

スポンサーリンク

Apple Remoteの電池交換

replace-apple-remote-battery-00
Apple Remoteの電池カバーは裏面にあります。リモコンをひっくり返しましょう。

replace-apple-remote-battery-01
カバーの真ん中にくぼみがあるのでコイン(管理人は10円玉を使用)を差し込み、矢印の方向に90度回します。

replace-apple-remote-battery-02
コインを回すとカバーのロックがはずれるので、カバーをはずしましょう。

replace-apple-remote-battery-03
カバーをはずすとこのようになります。

replace-apple-remote-battery-04
次にコイン電池をはずし、新しいコイン電池を入れます。電池の型は「CR2032」です。

replace-apple-remote-battery-05
電池カバーをリモコンにかぶせ、カバーを締めます。これで電池交換は完了です。

アップル

スポンサーリンク