今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Windows10 の使い方と設定
  3. Twitter(ツイッター) - ログインとログアウト
  4. Windows10 - スタートメニュー - スタート画面のカスタマイズ
  5. Windows10 - Internet Explorer を使う方法

Windows10 - アプリにファイアフォール経由の通信を許可/不許可

スポンサーリンク

Windows10 のアプリにファイアフォール経由の通信を許可/不許可にする方法を紹介します。

Windows10 では、アプリケーショーンが「プライベート」あるいは「パブリック」ネットワークを使って、ファイアフォール経由で通信できるかどうかを制御することができます。

頻繁に行う設定ではありませんが、知っておくと便利なので設定方法を確認しておきましょう。

ファイアフォール経由の通信を許可

それでは設定方法をみていきましょう。

スポンサーリンク

windows-10-firewall-app-allow-communicate-01
画面左下にある「Windowsロゴ」にマウスカーソルをもっていき、右クリックすると

windows-10-firewall-app-allow-communicate-02
コンテキストメニューが表示されるので

windows-10-firewall-app-allow-communicate-03
その中から「コントロールパネル」をクリックします。

windows-10-firewall-app-allow-communicate-04
コントロールパネルです。「システムとセキュリティ」をクリックします。

windows-10-firewall-app-allow-communicate-05
「Windows ファイアフォール」項目の「Windows ファイアフォールによるアプリケーションの許可」をクリックします。

windows-10-firewall-app-allow-communicate-06
すると、なんだかよくわからない Microsoft のアプリが表示されるので、下へスクロールしましょう。

windows-10-firewall-app-allow-communicate-07
すると、このように見慣れたアプリが表示されるので

windows-10-firewall-app-allow-communicate-08
「設定の変更」をクリックします。

windows-10-firewall-app-allow-communicate-09
クリックするとグレーアウトされていたアプリがくっきりと表示されます(この状態になれば設定可能です)。

※ ファイアフォール経由の通信は「プライベート」「パブリック」のどちらか、あるいは両方の許可することができます。

windows-10-firewall-app-allow-communicate-10
このように設定を変更したら、「OK」をクリックしましょう。設定が反映されます。

スポンサーリンク