今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Windows10 の使い方と設定
  3. Twitter(ツイッター) - ログインとログアウト
  4. Windows10 - Internet Explorer を使う方法
  5. Windows10 - Microsoftアカウントを新規に作成する方法

Windows10 - IMEの予測入力の使用(有効/無効)と設定

スポンサーリンク

Windows10 で IMEの予測入力の使用(有効/無効)と設定方法を紹介します。

予測入力は、キーボードから何文字か入力した場合に変換候補を表示してくれるアレです。

例えば、「よそく」と入力すると「予測」「予測変換」「予測候補」などが変換の候補が表示されます。

予測候補には「入力履歴」や「クラウド候補」を使うこともできるので、合わせて設定方法をみていきます。

IMEの予測入力の使用と設定

それではIMEの入力履歴の使用と削除方法をみていきます。

スポンサーリンク

windows-10-ime-input-prediction-1
タスクバーの右のほうにある「A」あるいは「あ」のIMEアイコンにマウスカーソルをもっていき

windows-10-ime-input-prediction-2
右クリックすると

windows-10-ime-input-prediction-3
このようにメニューが表示されるので、その中から「プロパティ」をクリックします。

windows-10-ime-input-prediction-4
クリックすると、「Microsoft IME の設定」というウィンドウが表示されるので、「詳細設定」をクリックします。

windows-10-ime-input-prediction-5
「Microsoft IME の詳細設定」です。上部タブメニュー「予測入力」をクリックしましょう。

IME - 予測入力の使用する(有効)

windows-10-ime-input-prediction-6
「予測入力を使用する」にチェックを入れると、予測入力が有効になります。

IME - 予測入力の設定

windows-10-ime-input-prediction-7
予測入力にはいくつかの設定項目があります。

  • 入力履歴のデータを使用する
  • システム辞書のデータを使用する
  • クラウド候補を使用する

windows-10-ime-input-prediction-8
「予測候補を表示するまでの文字数」を設定することもできます。「文字数」を数字で入力しましょう。

IME - 予測入力の使用しない(無効)

windows-10-ime-input-prediction-9
「予測入力を使用する」からチェックをはずすと、予測入力が無効になります。

スポンサーリンク