今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Twitter(ツイッター) - ログインとログアウト
  3. Windows10 の使い方と設定
  4. Windows10 - Internet Explorer を使う方法
  5. Windows10 - Microsoftアカウントを新規に作成する方法

Windows10 - レジストリエディター(regedit)を起動する方法

スポンサーリンク

windows-10-open-registry-editor-01
Windows10 でレジストリエディターを起動する方法を紹介します。

ここでは「タスクバー」「ファイル名を指定して実行」からレジストリエディターを起動する方法をみていきます。

スポンサーリンク

それではひとつずつみていきましょう。

タスクバー

windows-10-open-registry-editor-02
タスクバーの左下のフォームをクリックし

windows-10-open-registry-editor-03
「regedit」と入力し

windows-10-open-registry-editor-04
表示される「regedit」をクリックしましょう。

windows-10-open-registry-editor-05
すると、ユーザーアカウント制御が表示されるので、「はい」をクリックします。

windows-10-open-registry-editor-06
すると、このように「レジストリエディター」が起動します。

ファイル名を指定して実行

windows-10-open-registry-editor-07
デスクトップ左下にある「Windowsロゴ」にマウスカーソルをもっていき

右クリックすると

windows-10-open-registry-editor-08
コンテキストメニューが表示されるので、「ファイル名を指定して実行」をクリックしましょう。

windows-10-open-registry-editor-09
すると「ファイル名を指定して実行」ウィンドウが表示されるので

windows-10-open-registry-editor-10
「regedit」と入力し

windows-10-open-registry-editor-11
「OK」をクリックしましょう。

これで「レジストリエディター」が起動します。

スポンサーリンク