今日の人気記事

  1. Windows10 の使い方と設定
  2. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  3. Twitter(ツイッター) - ログインとログアウト
  4. Windows10 - アプリ「付箋」を使ってみた
  5. Windows10 - スタートメニュー - スタート画面のカスタマイズ

iPadアプリ「Microsoft OneNote」を使ってみた

スポンサーリンク

iPadアプリ「Microsoft OneNote」を使ってみたので、使い方と機能の簡単な概略を紹介します。

「OneNote」とは、Microsoftが提供するオンラインノートサービスです。ブラウザー、Windows、Mac、Windows Phone、iPhone、iPadで利用できるので、いつでもどこでもノートを編集・閲覧することができます。Evernoteみたいなサービスですね。

それでは実際に使ってみましょう。まずは、MicrosoftのiPadアプリ「OneNote」をインストールしましょう。

Microsoft OneNote for iPad - Microsoft Corporation

価格: 無料 (記事公開時)
カテゴリ: 仕事効率化
© 2013 Microsoft Corporation.

スポンサーリンク

iPadアプリ「Microsoft OneNote」

アプリを起動すると簡単なチュートリアルというか「Microsoft OneNote」の紹介がはじまるので、ささっと閲覧しておきましょう。

ipad-app-onenote-01
スワイプすると次に進みます。

アイデアの取り込み
生活上重要な事柄を簡単に記録できます。アイデアを書き留め、買い物リストを更新し、To Do を確認できます。

ipad-app-onenote-02
スワイプすると次に進みます。

どこでもノートにアクセスできます
自宅でも、出先でも、ノートとともに移動できます。ノートはクラウドで自動的に同期されるので、どのデバイスでも常に最新ノートを使用できます。

ipad-app-onenote-03
スワイプすると次に進みます。

共同作業する
友人や仕事仲間とノートを共有できます。知り合いと休暇の計画を立てたり、議事録や講義ノートを共有したりできます。

ipad-app-onenote-04
「サインイン」をタップします。

ipad-app-onenote-13
「Microsoftアカウント」「パスワード」を入力し、「サインイン」をタップします。

ipad-app-onenote-05
OneNote 品質改善の協力です。協力する場合は「送信する(推奨)」を選択し、協力しない場合は「送信しない」を選択し、「OneNote の使用開始」をタップします。

ipad-app-onenote-06
すると、このように「OneNote for iPadへ ようこそ」というページが表示されます。OneNoteの使い方が掲載されているので、確認しておきましょう。

使ってみよう

それでは実際に「OneNote」を使ってみましょう。

ipad-app-onenote-07
上部タブメニュー「+」をタップします。

ipad-app-onenote-08
すると、このように新しいセッションが作成されるので「セッション名」を入力します。

※ セッションとは「ノートのカテゴリ」みたいなものです。

ipad-app-onenote-09
ここでは「セッション名」を「日記」にしました。

ipad-app-onenote-10
「タイトル」「本文」を編集すると、右カラムに「タイトル(ここでは花見)」が表示されます。

ipad-app-onenote-11
新しいページを作成する場合は右カラムの「ページの追加」をタップします。

ipad-app-onenote-12
すると新しいページが追加されるので、先ほどと同じように「タイトル」「本文」を編集します。

以上、簡単ですがiPadアプリ「Microsoft OneNote」の使い方と機能の紹介でした。

スポンサーリンク

関連記事と広告