今日の人気記事

  1. Windows10 の使い方と設定
  2. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  3. Windows10 - アプリ「付箋」を使ってみた
  4. Windows10 - スタートメニュー - スタート画面のカスタマイズ
  5. Twitter(ツイッター) - ログインとログアウト

Twitter公式クライアント - Macアプリ「Twitter」

スポンサーリンク

Macアプリ「Twitter」を紹介します。

Macアプリ「Twitter」は、Twitter社の公式クライアントです。多くの機能はありませんが、シンプルで使いやすいアプリで複数アカウントにも対応しています。

Macアプリ「Twitter」

こちらからMacアプリ「Twitter」をインストールします。

Twitter - Twitter, Inc.

価格: 無料(記事公開時)
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
© 2013 Twitter, Inc.

スポンサーリンク

アプリ「Twitter」の使い方

mac-app-twitter-01
インストールしたアプリ「Twitter」を起動します。

mac-app-twitter-02
すると、ログイン画面が表示されるのでTwitterアカウントを持っていない方は「新規登録」からアカウントを作成しましょう。

mac-app-twitter-03
Twitterアカウントを持っている方は「ユーザー名」「パスワード」を入力し、「ログイン」をクリックします。

mac-app-twitter-04
ログインに成功すると、Twitterのタイムライン(TL)が表示されます。

mac-app-twitter-05
左サイドメニューからは以下の操作が行えます。

  • ホーム
  • 通知
  • ダイレクトメッセージ
  • リスト
  • 自己紹介
  • Twitterで検索

mac-app-twitter-06
画面左下の「羽マーク」? あるいはショートカットキー「command + N」を押すと

mac-app-twitter-07
このように「新しいツイート」ウィンドウが表示されるので、ここからつぶやく(ツイート)することができます。

mac-app-twitter-08
画面左下の「▼」をクリックすると、このようなメニューが表示されるので、さまざまな操作を行うことができます。

mac-app-twitter-09
次は上部メニューから「環境設定」をクリックしましょう。

mac-app-twitter-10
すると、「環境設定 - 基本設定」が表示されます。ここでは画面の表示を設定することができます。

mac-app-twitter-11
「環境設定 - アカウント」では、アカウントの追加・削除が行えます。複数アカウントの管理もこちらから行います。

mac-app-twitter-12
「環境設定 - 通知」では、メニューや通知センターに通知する項目を設定することができます。

シンプルで使いやすい無料アプリです。使ってみましょう。

スポンサーリンク

関連記事と広告