タスクマネージャー - プロセスを実行するCPUコアを指定 - Windows8

Windows8のタスクマネージャーを使って、プロセスを実行するCPUコアを指定する方法を紹介します。

タスクマネージャー - プロセスを実行するCPUコアを指定

win8-task-manager-cpu-core-01
ここでは「firefox」のプロセスを実行するCPUコアを指定してみます。

win8-task-manager-cpu-core-02
このように「タスクマネージャー」が起動します。

win8-task-manager-cpu-core-03
プロセスを右クリックするとメニューが表示されるので、その中から「詳細の表示」をクリックします。

スポンサーリンク

win8-task-manager-cpu-core-04
すると、このように上部タブメニュー「詳細」へ移動するので、

win8-task-manager-cpu-core-05
再度プロセスを右クリックし、「関係の設定」をクリックします。

win8-task-manager-cpu-core-06
すると「プロセッサの関係」ウィンドウが表示されます。

デフォルトの設定ではすべてのプロセッサが選択されているので、

win8-task-manager-cpu-core-07
プロセッサを実行するCPUコアを選択しましょう。

これでプロセスを実行するCPUコアの指定は完了です。

システム関連の人気記事

  1. 不要なサービスを停止 - Windows8を高速化(軽くする)
  2. Windows8/8.1 - イベントビューアでWindowsログを確認する方法
  3. レジストリエディターの起動方法 - Windows8
  4. コマンドプロンプトの起動 - Windows8
  5. PowerShell ISEの起動 - Windows8
  6. ローカルグループ ポリシー エディターの起動 - Windows8
  7. 32ビット版か64ビット版かを確認 - Windows8
  8. サービスの設定(自動・手動/開始・停止) - Windows8
  9. Windows8/8.1 - 管理者としてコマンドプロンプトを起動する方法
  10. Windows8/8.1 - バックグラウンド サービスを最適なパフォーマンスに調整
  11. USBメモリやCDなどの自動再生を無効に - Windows8
  12. 電源ボタンの動作を設定 - Windows8
  13. シャットダウンと再起動のショートカットを作成 - Windows8
  14. ハイブリッドスリープをオン(有効)に - Windows8
  15. システムの復元ポイントを作成・以前の状態に戻す - Windows8

関連記事(一部広告含む)