通知領域のシステムアイコンを表示 / 非表示 - Windows8

Windows8の通知領域にシステムアイコンを表示 / 非表示する方法を紹介します。

通知領域とは

windows8-system-icons-enable-disable-00
タスクバーの右側にある「日時」「音量」「電源」「ネットワーク」などのシステムのメッセージを通知する領域のことです。

システムアイコンを表示 / 非表示

windows8-system-icons-enable-disable-01
Windowsへサインインし、デスクトップへアクセスします。

windows8-system-icons-enable-disable-02
タスクバーの右側にある上三角(△)をクリックします。

windows8-system-icons-enable-disable-03
クリックすると「非表示のシステムアイコン」のウィンドウが表示されるので、その中から「カスタマイズ」をクリックします。

windows8-system-icons-enable-disable-09
クリックすると「通知領域アイコン」ウィンドウが表示されます。

スポンサーリンク

windows8-system-icons-enable-disable-04
ウィンドウの真ん中では、システムアイコンを個別に設定することができます。

windows8-system-icons-enable-disable-05
アイコンの動作部分をクリックすると表示 / 非表示を設定できます。設定項目は以下の通りです。

  • アイコンと通知を表示
  • アイコンと通知を非表示
  • 通知のみを表示

システムアイコンを常に表示させたい場合は「アイコンと通知を表示」を選択、非表示にしたい場合は「アイコンと通知を非表示」を選択すれば、OKです。

windows8-system-icons-enable-disable-06
ウィンドウの左下部分にある「タスクバーに常にすべてのアイコンを表示する」にチェックを入れれば、システムアイコンのすべてを表示することができます。

それではひとつ設定してみましょう。

windows8-system-icons-enable-disable-07
「エクスプローラー」を「アイコンと通知を非表示」から「アイコンと通知を表示」に変更し、「OK」をクリックします。

windows8-system-icons-enable-disable-08
設定するとこのように通知領域に常にアイコンを表示させることができます。表示させたくないアイコンは非表示設定に変更しましょう。

タスクバー関連の人気記事

  1. タスクバーにツールバーを表示 - Windows8
  2. 通知領域のシステムアイコンを表示 / 非表示 - Windows8
  3. タスクバーに「デスクトップの表示」アイコンを追加 - Windows8
  4. Windows8 にスタートボタンを追加「Classic Shell」
  5. Windows8/8.1 - タスクバーにアプリをピン留め
  6. タスクバーのボタンを個別表示 - Windows8

関連記事(一部広告含む)