今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Windows10 - iTunes のダウンロードとインストール
  3. Windows10 - IME デスクトップ言語バーを表示する方法
  4. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  5. Windows10 - Microsoft IME に単語を登録する

Apple Wactch - iPhoneカメラのリモート撮影 - アプリ「リモートカメラ」

スポンサーリンク

Apple Watch を使って、iPhoneカメラをリモート撮影する方法を紹介します。

Apple Watch にはアプリ「リモートカメラ」が標準搭載されています。

このアプリを使えば、離れた位置にあるiPhoneカメラで撮影することができます。Apple Watch をカメラのリモコンのように使うことができます。

また、カメラの切り替え(背面/前面)、フラッシュなどの設定を変更することもできるので、使い方を覚えておきましょう。

Apple Wactchアプリ「リモートカメラ」

それでは実際にリモート撮影してみましょう。

Apple Watch のサイドにある「Digital Crown/ホームボタン」を押しましょう。

すると、このようにホーム画面が表示されるので

アプリ「リモートカメラ」を起動します。

すると、このようにリモートカメラが起動します。

画面に写っているのはiPhoneのカメラから撮影する画像です。

画面下の「○」をタップすると、iPhoneカメラのリモート撮影が可能です。

右下の「3s」をタップすると

セルフタイマーでiPhoneカメラのリモート撮影ができます。

カウントダウン後に撮影されます。

Apple Watch の画面をグッと押し込むと

スポンサーリンク

このようにカメラの設定メニューが表示されます。

「反転」をタップすると

iPhoneのカメラが背面/前面が切り替わります。

「フラッシュ」をタップすると

フラッシュの「オン/オフ」「自動」を設定することができます。

「HDR」をタップすると、HDR(High Dynamic Range)を使うことができます。

「Live」をタップすると

Liveの「オン/オフ」「自動」を設定することができます。

関連記事(一部広告含む)