iPhone - Apple Watch アプリ「天気」 - デフォルトの都市を変更する

Apple Watch のアプリ「天気」のデフォルトの都市を変更する方法を紹介します。

文字盤によっては、このようにアプリ「天気」に付随した情報を表示するものがあります。

これをタップすると

このように追加した都市の天気が表示されます。

※ Apple Watch には最大20都市まで表示できます。iPhoneまたはApple Watch のアプリ「天気」で都市を編集することができます。

文字盤に表示する「デフォルトの都市」は変更することができるので、ここではその方法をみていきます。

Apple Watch - アプリ「天気」のデフォルトの都市

それでは実際に設定してみましょう。

ホーム画面の「Watch」をタップします。

マイウォッチです。

画面を下へスクロールし

「天気」をタップします。

「デフォルトの都市」をタップします。

デフォルトの都市を設定しましょう。

ここでは「大阪」から「ハワイ」に変更してみました。

Apple Watch をみてみると

このように「ハワイ」の天気が表示されるようになります。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

Apple Watch関連の人気記事

  1. Apple Watch - アプリ「LINE」を使ってみよう(QRコードログイン)
  2. iPhone で、Apple Watch のバッテリー残量を確認(コントロールセンター)
  3. iPhone - Apple Watch の文字盤を追加と削除
  4. iPhone - Apple Watch で「LINE」を使う(インストール)
  5. Apple Watch の使い方と設定
  6. iPhone - Apple Watch でスクリーンショットを撮影する(オン/オフ)
  7. iPhone - Apple Watch アプリ「天気」 - デフォルトの都市を変更する
  8. Mac - Apple Watch でロックを解除する方法
  9. Apple Watch - アプリ「LINE」を使ってみよう(QRコード、メッセージ)
  10. iPhone - Apple Watch のバックアップを削除する方法
  11. iPhoneアプリ「1Password」 - Apple Watch を使用する設定(オン/オフ)
  12. iPhone - Apple Watch のリセット(コンテンツと設定の消去)
  13. iPhone - Apple Watch - 画面のスリープ解除を設定
  14. iPhone - Apple Watch の自動アップデートの設定(オン/オフ)
  15. iPhone で Apple Watch のパスコードを設定(オン/オフ)

関連記事(一部広告含む)