MENU

Windows11の位置情報を設定(オン/オフ)・削除する方法

Windows11の位置情報サービスを設定(オン/オフ)・削除する方法を紹介します。

位置情報サービス

Windows11では、デバイスの機能を使用して場所と特定することができます。

ここではWindowsやアプリが位置情報を使用する/使用しないように設定する方法をみていきます。また、既定の位置、位置情報の削除といった……位置情報サービスに付随する設定方法もあわせてみていきます。

それでは実際に設定してみましょう。

①「スタートボタン」を右クリックし
②「設定」をクリックしましょう。

Windowsの設定

Windowsの設定です。
①左メニューの「プライバシーとセキュリティ」を選択し
②「位置情報」をクリックします。

位置情報サービスを無効(オフ)に

位置情報サービスを使用しない場合は「オフ」にしましょう。

位置情報サービスを有効(オン)に

位置情報サービスを使用する場合は「オン」にしましょう。

アプリごとに位置情報を設定

位置情報にアクセスできるアプリを設定します。

①「アプリに位置情報へのアクセスを許可する」を「オン」にし
②位置情報サービスを使用するアプリを「オン」に、使用しない/させたくないアプリを「オフ」に設定しましょう。

既定の位置を設定

詳しい位置情報を検出できないときにWindows、アプリ、サービスでの既定の位置を設定します。

「既定値に設定」をクリックすると、「マップ」アプリが表示されるので、既定の位置を設定しましょう。

場所の履歴の削除

デバイスの位置情報がオンになっている場合、位置情報は保存され、このデバイスで一定期間利用できるようになります。

場所の履歴の「クリア」をクリックすると、保存されている位置情報を削除することができます。

Windows 11関連の記事

Windows 11の関連記事です。合わせてご覧ください。