今日の人気記事

  1. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  2. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  3. Windows10 - iTunes のダウンロードとインストール
  4. Windows10 - IME デスクトップ言語バーを表示する方法
  5. Windows10 の使い方と設定

Mac - LaunchPadからアプリケーションを削除

スポンサーリンク

MacのLaunchPadからアプリケーションを削除する方法を紹介します。

アプリケーションを起動するのに便利な「LaunchPad」ですが、実はアプリケーションの削除もできちゃうんです。不要になったアプリをささっと削除できるので、削除方法を覚えておくと便利ですよ!

※ ただし、削除できるのはApp Storeからインストールしたアプリケーションのみです。

LaunchPadからアプリケーションを削除

mac-remove-app-launchpad-01
Dockから「LaunchPad」を起動します。

mac-remove-app-launchpad-02
削除したいアプリケーションのある画面へ移動します。

ここで「option」キーを押します。押しっぱなしにします。

スポンサーリンク

mac-remove-app-launchpad-03
すると、iPhone/iPadのアプリケーションを削除するときと同じように「アプリアイコン」の左上に「×」印が付き、アイコンがふるふると震え出すので、削除するアプリの「×」印をクリックします。

アプリケーションの削除とともにライブラリファイルや一時ファイルなどの合わせて削除したい場合は、Macアプリ「AppZapper」がおすすめです。
» Macアプリ「AppZapper」 - アプリケーションをアンインストール

mac-remove-app-launchpad-04
クリックすると、このように「アプリケーション"◯×"を削除してもよろしいですか?」というメッセージが表示されるので、「削除」をクリックします。

mac-remove-app-launchpad-05
削除したアプリのアイコンは、このように削除されます。

これで「LaunchPad」からアプリケーションが削除できました。

関連記事(一部広告含む)