MENU

Mac – Dock をショートカットキーで表示/非表示

Mac の Dock をショートカットキーで表示/非表示する方法を紹介します。

目次

Dock をショートカットキーで表示/非表示


MacのDockはショートカットキーで


このように表示/非表示を切り替えることができるので、ここではその方法をみていきます。

それでは実際に表示/非表示を切替えてみましょう。

Dockを非表示に


Dock が表示された状態で、ショートカットキー「option + command + D」を押すと


このように Dock が非表示になります。

Dockを表示

Dockが非表示の状態で、ショートカットキー「option + command + D」を押すと


このようにDockが表示されます。

ショートカットキーが利用できない場合は、次の設定を確認しましょう。

ショートカットキー(自動的に隠す機能)

これは「Dock を自動的に隠す機能」のオン/オフを切り替えることで、表示/非表示を切替えています。

設定をみてみましょう。


アップルメニューから「システム環境設定」をクリックします。


システム環境設定です。「キーボード」をクリックします。


キーボードの設定です。「ショートカット」をクリックしましょう。


ショートカットの設定です。左メニューの「Launchpad と Dock」をクリックします。


すると、「Dock を自動的に隠す機能の入/切」のショートカットを確認することができます。「オフ」になっている場合はチェックを入れ、この機能を「オン」にしましょう。

Mac – Dockを自動的に隠す/表示する

Mac – Dcokにアプリを追加/削除

Macの使い方と設定

関連記事

目次
閉じる