今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Windows10 の使い方と設定
  3. Twitter(ツイッター) - ログインとログアウト
  4. Windows10 - スタートメニュー - スタート画面のカスタマイズ
  5. Windows10 - Internet Explorer を使う方法

OS X Yosemite へアップグレード後に起動しない場合の対処 - Mac

スポンサーリンク

Mac を「OS X Marvericks」から「OS X Yosemite」へアップグレードしたら起動しなくなっちゃった……。

といった場合の1つの対処方法を紹介します。

症状

OS X Yosemite へのアップグレードが完了するとシステムの再起動がはじまります。

mac-os-x-yosemite-fail-01
システムが起動すると、このように進捗状況がわかるプログレスバーが画面に表示され、途中まで進んで全く動かなくなります。

待てど暮らせど……この画面から進みません。管理人は2時間待ちましたが、OS は起動しませんでした。

スポンサーリンク

原因

「Mac版 Mcafee Internet Security」がインストールされている「OS X Marvericks」から「OS X Yosemite」へアップグレードすると OS が起動しなくなる場合があるようです(2014年10月16日に確認)。

以下の対処方法はシステムの強制終了を伴います。あくまで自己責任でお願いします。

対処方法

「電源ボタン」を長押しし、システムをシャットダウンします(強制終了します)。

「Shift」キーを押しながら、電源ボタンを押します。

mac-os-x-yosemite-fail-02
すると、このようにシステムがセーフモードで起動します。

mac-os-x-yosemite-fail-03
セーフモードで起動すると画面の右上に赤字で「セーフモード」と表示されています。

システムへログインし、

mac-os-x-yosemite-fail-04
「Mcafee Internet Security」をアンインストールしましょう。

アンインストール後、システムを再起動しましょう。起動しない原因が Mcafee であれば、適切に OS が起動すると思います。

スポンサーリンク