MENU

Microsoft Edgeを常にInPrivateモードで起動する方法

Microsoft Edgeを常にInPrivateモードで起動する方法を紹介します。

InPrivateモード

Microsoft Edgeには、InPrivateブラウズというモードがあります。

InPrivateブラウズでは、すべてのウィンドウを閉じるときに「閲覧履歴」「Gookie」「サイトデータ」「パスワード」「アドレス」「フォームに入力した情報」を削除します。

何かしらの理由で常にMicrosoft EdgeをInPrivateモードで起動したい! そんな場合は次の設定を行いましょう。また、解除方法も合わせて紹介します。

常にInPrivateモードで起動する

それでは設定方法をみていきます。

タスクバーのEdgeアイコンを右クリック

①タスクバーの「Microsoft Edge」アイコンを右クリックします。

②表示されたジャンプリストの「Google Chrome」を右クリックし、③「プロパティ」をクリックします。

Microsoft Edgeのプロパティ

①「リンク先」を次のように修正し、②「OK」をクリックします。

"C:\Program Files (x86)\Microsoft\Edge\Application\msedge.exe" --profile-directory=Default -inprivate

リンク先の末尾に「-inprivate」を付ければ、OKです。これで設定完了です。

シークレットモードで起動

タスクバーの「Microsoft Edge」アイコンをクリックすると

このように常に「InPrivateブラウズ」で、Microsoft Edgeが起動するようになります。

InPrivateブラウズの設定を解除

InPrivateモードが不要になったら設定を解除し、通常のモードで起動するように設定しましょう。

手順
  1. タスクバーの「Microsoft Edge」アイコンを右クリックします。
  2. ジャンプリストの「Microsoft Edge」を右クリック、「プロパティ」をクリックします。
  3. リンク先の末尾にある「-inprivate」を削除し、「OK」をクリックします。

InPrivate ウィンドウを開く(シークレットモード)

ウィンドウだけ、InPrivateモードで開くこともできます。

手順
  1. Microsoft Edgeを起動します。
  2. 画面右上の「︙」をクリック
  3. 表示されたメニューから「新しいInPrivateウィンドウ」をクリックすると
  4. InPrivateウィンドウが開きます。

詳しい操作方法・解説はこちらをご覧ください。

Microsoft Edgeの使い方

関連記事