MENU

Windows 11 - ドライバーの自動更新を設定にする方法(オン/オフ)

Windows 11 のドライバーの自動更新を設定にする方法を紹介します。

Windows 11 には接続されているデバイスのドライバーを自動更新する機能があります。ドライバーを自動更新してしまうと、まれに不具合が起きる場合があります。

ということで、ここでは Windows 11 のドライバーの自動更新を設定(オン/オフ)する方法をみていきます。

ドライバーの自動更新を設定にする方法は?(オン/オフ)

Windows 11 のドライバーの自動更新を設定にする方法は次の手順です。

  1. [設定] を起動する

    1. [スタートボタン] を右クリックし
    2. [設定] アイコンをクリックします。
  2. [システム] → [バージョン情報] を選択する


    設定の左メニュー [システム] を選択し、[バージョン情報] をクリックしましょう。

  3. [システムの保護] を選択する


    バージョン情報です。関連リンクの [システムの保護] を起動します。

  4. [ハードウェア] → [デバイスのインストール設定] を選択する

    1. [システムのプロパティ] ウィンドウの上部 [ハードウェア] タブを選択し
    2. [デバイスのインストール設定] をクリックします。
  5. 自動ダウンロードを設定にする

    1. デバイスのインストール設定の [いいえ(デバイスが適切に機能しない可能性があります)] を選択し
    2. [変更の保存] をクリックします。

    デバイスドライバーの自動更新を無効に設定すると、デバイスが適切に機能しなくなる可能性があります。

これで Windows 11 ドライバーの自動更新を設定にする方法の解説は終了です。

Windows 11 の人気記事