MENU

Apple Watch の自動アップデートを有効にする方法(オン/オフ) - iPhone

Apple Watch の自動アップデートを有効にする方法(オン/オフ)を紹介します。

Apple Watch とペアリングした iPhone を使って、Apple Watch のソフトウェアを最新のものにアップデートする方法をみていきます。

Apple Watch の自動アップデートを有効にする方法は?

Apple Watch の自動自動アップデートを有効にする方法は次の手順です。

「Watch」アプリを起動します

ホーム画面から [Watch] アプリを起動します。

「一般」をタップします

Apple Watch の設定の [一般] をタップします。

「ソフトウェア・アップデート」をタップします

[ソフトウェア・アップデート] をタップします。

「自動アップデート」を選択します

[自動アップデート] をタップします。

自動アップデートを「オン」にします

自動アップデートを [オン] にしましょう。

新しいソフトウェアのダウンロード終了後、ソフトウェア・アップデートが自動的に実行されます。アップデートがインストールされる前に通知が送られます。

まとめると次の手順になります。

Apple Watch の自動アップデートを有効にする方法
  1. ホーム画面から [Watch] アプリを起動します。
  2. Apple Watch の設定の [一般] をタップします。
  3. 一般設定の [ソフトウェア・アップデート] をタップします。
  4. [自動アップデート] をタップし
  5. 自動アップデートを [オン] にしましょう。

Apple Watch の使い方や設定はこちらをご覧ください。

iPhone/iPad の使い方や設定はこちらをご覧ください。

Apple Watch の人気記事