iPhone を使って、Apple Watch を手動ソフトウェア・アップデート

iPhone を使って、Apple Watch を手動ソフトウェア・アップデートする方法を紹介します。

Apple Watch ソフトウェア・アップデート

それでは実際にアップデートしてみましょう。

ホーム画面のアプリ「Watch」をタップします。

マイウォッチです。

画面を下へスクロールし

「一般」をタップします。

一般設定です。

「ソフトウェア・アップデート」をタップします。

すると、このようにアップデートを確認してくれます。

新しいバージョンのソフトウェアがある場合は、このようにソフトウェアの概要が表示されます。

「ダウンロードとインストール」をタップしましょう。

「パスコード」を入力します。

利用条件です。

「同意する」をタップします。

すると、Apple Watch に(ソフトウェアの)ダウンロードがはじまります。

アップデートが完了すると、このようなポップアップが表示されるので

「了解」をタップします。

これでソフトウェアのアップデートは完了しました。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

Apple Watch関連の人気記事

  1. Apple Watch - アプリ「LINE」を使ってみよう(QRコードログイン)
  2. iPhone で、Apple Watch のバッテリー残量を確認(コントロールセンター)
  3. iPhone - Apple Watch の文字盤を追加と削除
  4. iPhone - Apple Watch で「LINE」を使う(インストール)
  5. Apple Watch の使い方と設定
  6. iPhone - Apple Watch でスクリーンショットを撮影する(オン/オフ)
  7. iPhone - Apple Watch アプリ「天気」 - デフォルトの都市を変更する
  8. Mac - Apple Watch でロックを解除する方法
  9. Apple Watch - アプリ「LINE」を使ってみよう(QRコード、メッセージ)
  10. iPhone - Apple Watch のバックアップを削除する方法
  11. iPhoneアプリ「1Password」 - Apple Watch を使用する設定(オン/オフ)
  12. iPhone - Apple Watch のリセット(コンテンツと設定の消去)
  13. iPhone - Apple Watch - 画面のスリープ解除を設定
  14. iPhone - Apple Watch の自動アップデートの設定(オン/オフ)
  15. iPhone で Apple Watch のパスコードを設定(オン/オフ)

関連記事(一部広告含む)