今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Windows10 の使い方と設定
  3. Twitter(ツイッター) - ログインとログアウト
  4. Windows10 - スタートメニュー - スタート画面のカスタマイズ
  5. Windows10 - Internet Explorer を使う方法

iPhone/iPad - 2ファクタ認証を有効(オン)にしてセキュリティを強化

スポンサーリンク

iPhone/iPad の「2ファクタ認証」を有効にしてセキュリティを強化する方法を紹介します。

2ファクタ認証を有効にすると

アカウントのセキュリティが強化され、Apple ID に紐付いた写真・書類といったデータを保護してくれいます。

Googleのサービスで言うところの2段階認証に相当する機能です。

2ファクタ認証を有効に

それでは実際に設定してみましょう。ここでは iPhone の画面を使って設定しますが、iPad でも同じように設定することができます。

スポンサーリンク

ホーム画面の「設定」をタップします。

設定です。

画面を下へスクロールし

「iCloud」をタップしましょう。

iCloud の設定です。

一番上にある「名前とApple ID」のところをタップします。

すると、「iCloud にサインイン」というポップアップが表示されるので

「パスワード」を入力し「OK」をタップしましょう。

Apple ID の設定です。

「パスワードとセキュリティ」をタップします。

真ん中にある「2ファクタ認証」から設定していきます。

セキュリティを強化する機能をアカウントに追加して、Apple に保存する写真、書類などのデータを保護します。

「2ファクタ認証を有効にする」をタップします。

すると、このような画面が表示されます。

Appleでは、アカウントにアクセスしているのが御本にであることを確認するために2ファクタ認証を行っています。新しいデバイスからサインインするときには、ご利用の別のデバイスまたは電話番号を使って本人確認します。

「続ける」をタップします。

表示されている「電話番号」が本人確認のためにSMSまたは音声通話で使用されます。

問題なければ「続ける」をタップします。

電話番号を変更する場合は「他の番号を使用」をタップしましょう。

他のデバイスをアップデート
2ファクタ認証を存分に活用するために、他のデバイスをiOS 10またはmacOS Sierraにアップデートしてください。

とのことです。

「OK」をタップしましょう。

Apple ID の「パスワード」を入力し、「サインイン」をタップします。

新しいデバイスでiCloudにサインインするときの本人確認に使用される「パスコード」を入力します。

これで「2ファクタ認証」が「有効(オン)」になりました。

スポンサーリンク