MENU

iPhone/iPad – 気圧を測ろう

ここでは iPhone/iPad を使って、気圧を測る方法を紹介します。

iPhone には気圧センサーが内蔵されています。用途は「登山したとき」「台風が接近したおき」などに気圧の変化にはしゃぐ!といったところ?でしょうか(他にも有用な用途はたくさんあるといます……)。

ここでは「Siri」を使って、気圧を測定する方法をみていきます。

目次

iPhone/iPad – 気圧を測ろう

それでは実際に使い方をみていきましょう。

※ ここでは iPhone の画面を使って解説しますが、iPad でも同じように操作することができます。

サイドボタン/ホームボタンをロングタップ(長押し)して「Siri」を起動します。

すると「Siri」が起動し、「ご用件は何でしょう?」と聞いてくるので

気圧」と少し大きめの声で「Siri」に話しかけてきましょう。

すると、このように「気圧は現在 XXXX hPa になっています。」と教えてくれます。

Siri は画面の下から上にスワイプすれば、終了します。

関連記事

目次
閉じる