Mac - ログイン時にアプリケーションを自動起動

Mac のログイン時にアプリケーションを自動起動する方法を紹介します。

いつも必ず利用するアプリケーションをログイン時に自動的に起動するようにしておくと、ひと手間ふた手間くらい?作業を効率化することができるかもしれませんね。

また、アプリの自動起動を使えば、ログイン時に「リマインダー」を起動し「ToDoリスト」を表示させることで「うっかり!を防ぐ」といった使い方もできますね。

ログイン時にアプリケーションを自動起動

それでは、何かと便利なアプリケーションの自動起動の設定方法をみていきます。

mac-app-startup-01
Appleメニューの「システム環境設定」をクリックします。

mac-app-startup-02
クリックすると「システム環境設定」ウィンドウが表示されるので、その中から「ユーザーとグループ」アイコンをクリックします。

mac-app-startup-03
上部タブメニュー「ログイン項目」をクリックします。

mac-app-startup-04
クリックすると右カラムに現在自動的に起動するアプリ一覧が表示されています。アプリを追加する場合は下のほうにある「+」ボタンをクリックします。

mac-app-startup-05
追加するアプリを選択し(ここでは「Safari」)、「追加」をクリックします。

mac-app-startup-06
実際にアプリが自動起動するかどうかを確認するために、Macを「再起動」しましょう。

mac-app-startup-07
すると、このように「Safari」が起動します。便利!

mac-app-startup-08
自動起動するアプリを削除する場合はアプリを選択し、「-」ボタンをクリックします。

アプリケーション関連の人気記事

  1. 【2021年版】Mac で使っているおすすめアプリまとめ
  2. MacからWindowsへリモートデスクトップ接続 - Macアプリ「Remote Desktop 8.0」
  3. Mac - 定番メンテナンスツール「Onyx」ダウンロードとインストール
  4. Mac - ログイン時にアプリケーションを自動起動
  5. Macアプリ「CheatSheet」 - ショートカットキーのリストを表示
  6. Mac で Microsoft OneDrive を使ってみよう - アプリ「OneDrive」
  7. Macアプリ「メール」 メッセージの振り分けルール
  8. Mac - インターネットからダウンロードしたアプリの実行許可
  9. Macアプリ「カレンダー」とGoogleカレンダーを同期
  10. Macアプリ「OnyX」の使い方 - メンテンナンスツール
  11. Macアプリ「メール」 - アカウントの追加(POP/IMAP、SMTP)
  12. iPhone/iPadで撮影した写真/動画をMacに転送(保存)する方法
  13. Macアプリ「メール」 - Outlookメールを使う
  14. Macアプリ「OneDrive」の基本設定をみてみましょう。
  15. Mac - ランチャーアプリ「Alfred」の基本的な使い方

関連記事(一部広告含む)