Microsoft Edge - 位置情報の使用と設定(ブロック/許可)

Microsoft Edgeで、位置情報を使用と設定する方法を紹介します。

Microsoft Edge - 位置情報の使用(ブロック/許可)

Microsoft Edgeを使って、位置情報を使用するサイト(地図サービスなど)にアクセスすると


「○×は次のこと(現在地情報の使用)を求めています」というポップアップが表示されるので、「許可」「ブロック」のどちらかをクリックしましょう。

「許可」を選択すると、そのサイトで現在地情報が使用されます。「ブロック」を選択すると、そのサイトでは現在地情報が使用されません。

「位置情報の使用を求める」ポップアップは設定で非表示にすることもできるので、その設定方法もあわせてみていきます。

Microsoft Edge - 位置情報の設定(ブロック/許可)

それでは実際に設定してみましょう。

Microsoft Edgeの起動


Microsoft Edgeを起動しましょう。


Microsoft Edgeです。右上の「・・・」をクリックし


表示されたメニューの「設定」をクリックします。

Microsoft Edgeの設定


設定です。「Cookieとサイトのアクセス許可」をクリックします。

スポンサーリンク

Cookiとサイトのアクセス許可


Cookiとサイトのアクセス許可の設定です。画面を下へスクロールし

位置情報


「位置情報」をクリックしましょう。


位置情報の設定です。デフォルトでは「アクセスする前に確認する」設定が「オン」になっていますが、不要な場合は「オフ」にしましょう。

※ 「オフ」にした場合は位置情報がすべてのサイトでブロックされます。

位置情報をブロック/許可したサイト


また、位置情報を「ブロックしたサイト」と「許可したサイト」を確認することができます。


誤って「ブロック」「許可」した場合は「ごみ箱」アイコンをクリックし、削除しましょう。

Microsoft Edgeの使い方と設定

Microsoft Edge関連の人気記事

  1. Microsoft Edge - ホームページの設定 - 起動時に表示されるページ
  2. Windows10 - 新しい Microsoft Edge のインストール(手動)
  3. Microsoft Edge の設定と使い方
  4. Microsoft Edge - ホームボタンの設定
  5. Microsoft Edge のリセットと修復
  6. Microsoft Edge - 検索エンジンをGoogleに変更(アドレスバー)
  7. Microsoft Edge - 閲覧履歴・キャッシュを自動削除(残さない)
  8. Microsoft Edge のトップページをカスタマイズ(マイニュースを非表示に)
  9. Microsoft Edge - お気に入りを登録する方法
  10. Microsoft Edge - Googleを新しいタブに設定
  11. Microsoft Edge - InPrivate ウィンドウを開く(シークレットモード)
  12. Microsoft Edge - Internet Explorerモードの使い方
  13. Microsoft Edge のテーマを変更する方法
  14. Microsoft Edge - 閲覧履歴・データ(キャッシュ)を削除
  15. Microsoft Edge - サインインとサインアウト

関連記事(一部広告含む)