MENU

Microsoft Edge – 位置情報の使用と設定(ブロック/許可)

Microsoft Edgeで、位置情報を使用と設定する方法を紹介します。

Microsoft Edge – 位置情報の使用(ブロック/許可)

Microsoft Edgeを使って、位置情報を使用するサイト(地図サービスなど)にアクセスすると


「○×は次のこと(現在地情報の使用)を求めています」というポップアップが表示されるので、「許可」「ブロック」のどちらかをクリックしましょう。

「許可」を選択すると、そのサイトで現在地情報が使用されます。「ブロック」を選択すると、そのサイトでは現在地情報が使用されません。

「位置情報の使用を求める」ポップアップは設定で非表示にすることもできるので、その設定方法もあわせてみていきます。

Microsoft Edge – 位置情報の設定(ブロック/許可)

それでは実際に設定してみましょう。

Microsoft Edgeの起動


Microsoft Edgeを起動しましょう。


Microsoft Edgeです。右上の「・・・」をクリックし


表示されたメニューの「設定」をクリックします。

Microsoft Edgeの設定


設定です。「Cookieとサイトのアクセス許可」をクリックします。

Cookiとサイトのアクセス許可


Cookiとサイトのアクセス許可の設定です。画面を下へスクロールし

位置情報


「位置情報」をクリックしましょう。


位置情報の設定です。デフォルトでは「アクセスする前に確認する」設定が「オン」になっていますが、不要な場合は「オフ」にしましょう。

※ 「オフ」にした場合は位置情報がすべてのサイトでブロックされます。

位置情報をブロック/許可したサイト


また、位置情報を「ブロックしたサイト」と「許可したサイト」を確認することができます。


誤って「ブロック」「許可」した場合は「ごみ箱」アイコンをクリックし、削除しましょう。

Microsoft Edgeの使い方と設定

関連記事