Microsoft Edge - カードの保存を提案しないようにする方法

Last Update:

Microsoft Edgeで、カードの保存を提案しないようにする方法を紹介します。

Microsoft Edge - クレジットカードの保存を提案

Microsoft Edgeを使って、カードで買い物すると


このように「カードの保存」を提案されます。「保存」をクリックすると、カード情報が保存され、他のサイトで買い物する場合でもカードを自動入力してくれます。

Microsoft Edge - カードの保存を提案しないようにする

カード情報の管理にアプリ(1Passwordなど)を使っている場合は、この機能は無効(オフ)にしておくといいでしょう。

それでは実際にカードの保存を提案しないように設定してみましょう。

Microsoft Edgeの起動


Microsoft Edgeを起動し


画面右上の「・・・」をクリックします。


すると、このようにメニューが表示されるので「設定」をクリックします。

Microsoft Edgeの設定


設定です。「お支払い情報」をクリックします。

お支払い情報


お支払い情報です。デフォルトでは次の設定が「オン」になっているので

  • 保存してお支払い情報を自動入力する
    カードの保存を提案して、お支払いの詳細を自動的に記入する

カード保存の提案をオフに


「オフ」にしましょう。

これで「カードの保存」は提案されないようになります。

Microsoft Edgeの使い方と設定

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

Microsoft Edge関連の人気記事

  1. Microsoft Edge - ホームページの設定 - 起動時に表示されるページ
  2. Microsoft Edge - Internet Explorerモードの使い方
  3. Microsoft Edge の設定と使い方
  4. Microsoft Edgeを最新バージョンに更新する方法
  5. Microsoft Edge - 垂直タブの設定と使い方
  6. Windows10 - 新しい Microsoft Edge のインストール(手動)
  7. Microsoft Edge - 検索エンジンをGoogleに変更(アドレスバー)
  8. Microsoft Edge - Googleを新しいタブに設定
  9. Microsoft Edge - ホームボタンの設定
  10. Microsoft Edge - InPrivate ウィンドウを開く(シークレットモード)
  11. Microsoft Edge - 閲覧履歴・キャッシュを自動削除(残さない)
  12. Microsoft Edge - 翻訳の使い方と設定(オン/オフ)
  13. Microsoft Edge - サインインとサインアウト
  14. Microsoft Edge - 保存したパスワードを確認(表示)する方法
  15. Microsoft Edge のトップページをカスタマイズ(マイニュースを非表示に)

関連記事(一部広告含む)