今日の人気記事

  1. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  2. Windows10 - IME デスクトップ言語バーを表示する方法
  3. iPhoneアプリ「Instagram」 英語表記→日本語に戻す - 表示言語がおかしい
  4. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  5. Windows10 - IMEの予測入力の使用(有効/無効)と設定

Evernote にメールを保存する方法

スポンサーリンク

Evernote にメールを保存する方法を紹介します。

Evernote にはノートなどのテキスト文章の他にメールを保存する機能が備わっています

アカウントを作成するとそのアカウント専用の転送先メールアドレスが付与され、Evernote に保存しておきたいメールをそのメールアドレスに転送するだけで、自動的に保存されます。

ノートに加えて重要なメールも Evernote で一元管理することができるので、覚えておくと便利です。

※ 2015年7月6日より、Evernote へのメール転送機能が プラス版/プレミアム版の限定機能になりました。

Evernote メールをに保存

まずは、転送先のメールアドレスを確認しましょう。

save-mail-into-evernote-01
Evernote にサインインし、ノートの画面左下にある「アイコン」をクリックします。

save-mail-into-evernote-02
クリックするとメニューが表示されるので、その中から「設定」をクリックします。

スポンサーリンク

save-mail-into-evernote-03
クリックすると、設定ページの「アカウントの概要」が表示されます。

ページを下へスクロールすると「メールの転送先」にある「メールアドレス」をコピーしましょう。

このメールアドレスは、サインインしている Evernoteアカウント専用のメールアドレスです。

save-mail-into-evernote-04
先ほどコピーしたメールアドレスにメールを転送してみましょう。

save-mail-into-evernote-05
メールを転送したら、ブラウザーに戻り「ノートに移動」しましょう。

save-mail-into-evernote-06
すると、このようにメールを Evernote に保存することができます。

関連記事(一部広告含む)