今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Windows10 - iTunes のダウンロードとインストール
  3. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  4. Windows10 - IMEの予測入力の使用(有効/無効)と設定
  5. Windows10 - 32ビット版か64ビット版かを確認

Windows10 - iTunes のダウンロードとインストール

スポンサーリンク

Windows10 にアプリ「iTunes」をインストールする方法を紹介します。

Apple が開発・配布しているアプリ「iTunes」は Microsoft Store からのみダウンロード・インストールすることができます(Windows10の場合)。

ということで、ここでは実際に Microsoft Store からインストールする方法をみていきます。

iTunes のダウンロードとインストール

それではインストールしてみましょう。


タスクバーの「e」アイコンをクリックし、Webブラウザー「Microsoft Edge」を起動しましょう。


iTunes のダウンロード・ページです。

Windows用のiTunesの「Get it from Microsoft」をクリックしましょう。


すると、「iTunes を入手 - Microsoft Store」というページが表示されます。

「入手」をクリックしましょう。


すると、「Microsoft Store」が起動し

「iTunes」が表示されるので、「入手」をクリックします。


すると、iTunes のダウンロード・インストールがはじまります。


これでインストールの完了です。

スポンサーリンク

「起動」してみましょう。


すると、「iTunes ソフトウェア使用許諾契約」が表示されるので

「同意する」をクリックしましょう。


iTunes です。

iTunes を使えば、お気に入りの音楽、ムービー、テレビ番組など、コンピューター内のコンテンツを簡単に楽しむことができます。

iTunes を使ったことがない方は「クイックツアーを表示」してみるといいかもしれませんね。

ライブラリの情報をAppleに送信して、アーティストのイメージ、アルバムカバー、その他の関連情報をライブラリに表示することに同意しますか?

「いいえ」「同意します」のどちらかをクリックします。


すると、ミュージックが表示されます。

ミュージックライブラリには、iTunesに追加した曲やビデオが表示されます。iTunes Storeにサインインしているときは、iCloud内の購入済みミュージックも表示されます。

「iTunes Storeにサインイン」してみましょう。


Apple IDをお持ちの方は「Apple ID」と「パスワード」を入力し、サインインしましょう。

お持ちでない方は「Apple IDを新規作成」しましょう。

関連記事(一部広告含む)