今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Windows10 - iTunes のダウンロードとインストール
  3. 【2020年版】Mac で使っているおすすめアプリまとめ
  4. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  5. Outlook メールアドレスの新規登録(作成) - フリーメール

Windows10 - 削除した OneDrive を再インストールする方法

スポンサーリンク

削除した OneDrive を再インストールする方法を紹介します。

Windows 10 には(デフォルトで)OneDrive がインストールされているので、何もしなくても OneDrive を使用することができます。

Windows10 - 削除した OneDrive を再インストール

それでは実際にインストールしてみましょう。


タスクバーから「Microsoft Edge」を起動し


Windows用OneDriveです。

「ダウンロード」をクリックしましょう。


ダウンロードしたファイルを「実行」します。


すると、OneDriveのセットアップがはじまります。


しばらくするとセットアップが完了するので

タスクバーの「∧」をクリックし


「雲」アイコンをクリックしましょう。


すると、このようなポップアップが表示されるので

「サインイン」をクリックします。


OneDriveの設定です。

Microsoftアカウントの「メールアドレス」を入力し、「サインイン」をクリックします。

  • 個人用
  • 職場または学校

のどちらかを選択し


2段階認証を有効にしている場合は「通知の送信」をクリックします。

スポンサーリンク

あるいは「パスワード」を入力し、「サインイン」をクリックします。


OneDrive のフォルダーを確認し、「次へ」をクリックしましょう。

フォルダーを変更したい場合は「場所の変更」をクリックします。


再インストールの場合は次のようなポップアップが表示される場合があります。

OneDrive フォルダーは既にこのコンピューターに存在します

「このフォルダーを使用」をクリックしましょう。


フォルダーのバックアップです。

選択したフォルダーは OneDrive で同期されます。

同期したいフォルダーを選択し、「続ける」をクリックします。


OneDriveについての理解を深めましょう(チュートリアルです)。

項目を追加するには、OneDrive フォルダーにドラッグ


ファイルとフォルダーの共有です。

他のユーザーがファイルを表示したり編集したりできるようにするには、ファイルを共有します。


すべてのファイルをオンデマンドで利用できます。

ファイルオンデマンドを利用すると、デバイスの領域を使用せずに OneDrive 内のすべてのファイルを参照できます。


モバイルアプリを手に入れる。

外出先でファイルを操作するには、携帯電話やタブレッドで OneDrive を使います。iOS と Android で利用できます。


OneDrive の準備ができました。

「OneDriveフォルダーを開く」をクリックします。


これで OneDrive のインストールとサインインは完了です。

関連記事(一部広告含む)