今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  3. Windows10 - アプリのスタートアップを無効にする方法
  4. Windows10 の使い方と設定
  5. Windows10 - IME デスクトップ言語バーを表示する方法

Windows10 - OneDrive を使ってみた(サインイン)

スポンサーリンク

Windows10 で、OneDriveを使ってみましょう。

OneDrive は、Microsoft が開発しているオンラインストレージサービスです。DropboxiCloud・GoogleDriveのMicrosoft版といえば、わかりやすいですね。

Windows10 - OneDrive を使ってみた(サインイン)

それでは実際に使ってみましょう。


スタートメニューから「OneDrive」を起動しましょう。


Microsoft OneDrive です。


Microsoftアカウントの

  • メールアドレス

を入力し、サインインしましょう。

  • 個人用
  • 職場または学校

のどちらかをクリックしましょう。

  • パスワード

を入力し、サインインをクリックしましょう。


サインインしています……


OneDrive フォルダーです。

デフォルトでは

スポンサーリンク
C:¥Users¥ユーザー名¥OneDrive

に設定されています。変更したい場合は「場所の変更」をクリックしましょう。


「次へ」をクリックします。

チュートリアルです。

OneDrive へようこそ
アイテムを追加するには、OneDrive フォルダーにアイテムをドラッグします。

ウィンドウ左下の「>」をクリックするとチュートリアルが進みます。

ファイルとフォルダーを共有する
他のユーザーがファイルを表示したり編集したりできるようにするには、ファイルを共有します。共有しているフォルダーで作業することもできます。

ウィンドウ左下の「>」をクリックします。

モバイルアプリを入手
外出先でファイルを操作するには、携帯電話やタブレットで OneDrive を使います。iOS、Android、Windows Phone で利用できます。

ウィンドウ左下の「>」をクリックします。

準備が整いました。

「OneDriveフォルダーを開く」をクリックしましょう。


すると、OneDriveフォルダーが表示されます。ここにアイテムをドラッグすれば、OKです。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)