MENU

Windows10 – OneDrive を自動起動しないように設定する方法

Windows10 の OneDrive を自動起動しないように設定する方法を紹介します。

目次

OneDriveの自動起動

Windows10にMicrosoftアカウントでサインインすると、OneDriveが自動起動するようになります。

OneDriveを使用していない方はパソコンのリソースを節約するために自動起動の設定を「オフ」にし、OneDriveを終了しておきましょう。

OneDrive を自動起動しないように設定

それでは実際に設定してみましょう。

システムアイコンを右クリック

タスクバーにある「OneDrive」のシステムアイコンにマウスカーソルをもっていき、右クリックすると

このようにメニューが表示されるので「設定」をクリックしましょう。

すると、「Microsoft OneDrive」ウィンドウが表示されるので、「設定」タブをクリックしましょう。

OneDriveの設定

①「Windows にサインインしたときに OneDrive を自動的に開始する」からチェックをはずし、②「OK」をクリックしましょう。

これでOneDriveが自動的に起動しないようになります。

OneDriveを終了

自動起動しないように設定したら、OneDriveを終了しましょう。

タスクバーにある「OneDrive」のシステムアイコンにマウスカーソルをもっていき、右クリックすると

このようにメニューが表示されるので「OneDriveを閉じる」をクリックしましょう。

「OneDriveを終了する」をクリックします。

OneDriveのアンインストール(削除)

Windows 10 のインターネット速度が遅い場合の改善方法

Windows 10 の高速化(動作が重い場合の対処)

OneDrive の自動起動を停止することで、Windows 10 のパフォーマンスが向上します。Windows 10 には、さらなるパフォーマンス向上の可能性があるので、こちらを参考に高速化を試みてみましょう。

Windows10の使い方や設定

関連記事

目次
閉じる