Windows10 - アプリのスタートアップを無効にする方法

スポンサーリンク

Windows10 で、アプリのスタートアップを無効にする方法を紹介します。

スタートアップに登録されているアプリは コンピューター起動時に自動的に起動します。

ここでは「Windows の設定」「タスクバー(タスクマネージャー)」と「msconfig(システム構成)」からアプリのスタートアップを無効にする方法を紹介します。

Windows の設定


スタートボタンをクリックし


スタートメニューの「歯車」アイコンをクリックします。


Windows の設定です。「アプリ」をクリックします。


左メニューの「スタートアップ」をクリックしましょう。


スタートアップアプリです。

アプリをログイン時に開始できるように構成できます。


無効にしたいアプリを


「オフ」にしましょう。

タスクバー(タスクマネージャー)


タスクバーにマウスカーソルをもっていき、右クリックすると


このようにメニューが表示されるので、「タスクマネージャー」をクリックします。


タスクマネージャーです。「詳細」をクリックします。


「スタートアップ」をクリックします。


すると、スタートアップに登録されているアプリが表示されるので


自動起動を停止したいアプリを選択し


「無効にする」をクリックしましょう。

msconfig(システム構成)

次は msconfig(システム構成)からスタートアップを無効にする方法をみていきます。


タスクバーのフォームに


msconfig」と入力し


「システム構成」を起動しましょう。


システム構成です。「スタートアップ」をクリックします。


「タスクマネージャーを開く」をクリックします。


あとは「タスクバー(タスクマネージャー)」の項目で確認した手順と同じようにスタートアップを無効にすれば、OKです。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)