今日の人気記事

  1. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  2. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  3. Windows10 - Windows Update 更新プログラム
  4. Windows10 - スタートメニュー - スタート画面のカスタマイズ
  5. Windows10 の使い方と設定

Windows10 - アプリのスタートアップを無効にする方法

スポンサーリンク

Windows10 で、アプリのスタートアップを無効にする方法を紹介します。

スタートアップに登録されているアプリは コンピューター起動時に自動的に起動します。

ここでは「タスクバー(タスクマネージャー)」と「msconfig(システム構成)」からアプリのスタートアップを無効にする方法を紹介します。

スポンサーリンク

タスクバー(タスクマネージャー)

windows-10-app-startup-disable-01
タスクバーにマウスカーソルをもっていき右クリックすると

windows-10-app-startup-disable-02
このようにメニューが表示されるので、その中から「タスクマネージャー」をクリックします。

windows-10-app-startup-disable-03
タスクマネージャーです。「スタートアップ」をクリックします。

windows-10-app-startup-disable-04
すると、スタートアップに登録されているアプリが表示されるので、自動起動を停止したいアプリを選択し

windows-10-app-startup-disable-05
「無効にする」をクリックします。

windows-10-app-startup-disable-06
状態が「無効」になれば、スタートアップは無効になります。

msconfig(システム構成)

次は msconfig(システム構成)からスタートアップを無効にする方法をみていきます。

windows-10-app-startup-disable-07
「Web と Windows を検索」というフォームに

windows-10-app-startup-disable-08
「msconfig」と入力し

windows-10-app-startup-disable-09
「システム構成」をクリックします。

windows-10-app-startup-disable-10
システム構成です。「スタートアップ」をクリックします。

windows-10-app-startup-disable-11
「タスクマネージャーを開く」をクリックします。

windows-10-app-startup-disable-12
あとは「タスクバー(タスクマネージャー)」の項目で確認した手順と同じようにスタートアップを無効にすれば、OKです。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)