MENU
\ 楽天スーパーセール開催中! /

Windows10 – アプリのスタートアップを無効に(削除)する方法

Windows10 で、アプリのスタートアップを無効にする方法を紹介します。

アプリのスタートアップを無効に

スタートアップに登録されているアプリは コンピューター起動時に自動的に起動します。

スタートアップにアプリを登録

スタートアップへアプリを登録する方法はこちらをご覧ください。

ここでは「Windowsの設定」「タスクバー(タスクマネージャー)」と「msconfig(システム構成)」からアプリのスタートアップを無効にする方法を紹介します。

Windowsの設定から

スタートボタンをクリック


スタートボタンをクリックし

スタートメニュー


スタートメニューの「歯車」アイコンをクリックします。

Windowsの設定→アプリ


Windows の設定です。「アプリ」をクリックします。


左メニューの「スタートアップ」をクリックしましょう。

スタートアップ


スタートアップアプリです。

アプリをログイン時に開始できるように構成できます。

アプリのスタートアップを無効に


無効にしたいアプリを


「オフ」にしましょう。

タスクバー(タスクマネージャー)

タスクマネージャーの起動


タスクバーにマウスカーソルをもっていき、右クリックすると


このようにメニューが表示されるので、「タスクマネージャー」をクリックします。

タスクマネージャー→詳細


タスクマネージャーです。「詳細」をクリックします。

スタートアップ


「スタートアップ」をクリックします。


すると、スタートアップに登録されているアプリが表示されるので

アプリのスタートアップを無効に


自動起動を停止したいアプリを選択し


「無効にする」をクリックしましょう。

msconfig(システム構成)

次は msconfig(システム構成)からスタートアップを無効にする方法をみていきます。

検索ボックスに


タスクバーのフォーム(検索ボックス)に

msconfig


msconfig」と入力し

システム構成の起動


「システム構成」を起動しましょう。

システム構成→スタートアップ


システム構成です。「スタートアップ」をクリックします。

タスクマネージャーの起動


「タスクマネージャーを開く」をクリックします。


あとは「タスクバー(タスクマネージャー)」の項目で確認した手順と同じようにスタートアップを無効にすれば、OKです。

スタートアップへアプリを登録

本記事とは逆にアプリを登録する場合はこちらをご覧ください。

クリーンブート

クリーンブートとは、最小限のドライバー・サービス・スタートアッププログラムにした状態でWindowsを起動することをいいます。バックグラウンドで実行しているサービスやプログラムが他のプログラムに干渉(悪さ)していないかを検証することができます。ご参考にどうぞ。

高速化(動作が重い場合の対処)

アプリをスタートアップを無効にすると Windows 10 のパフォーマンスが向上します。Windows 10 には、さらなるパフォーマンス向上の可能性があるので、こちらを参考に高速化を試みてみましょう。

Windows10の使い方や設定

Windows10 の使い方や設定はこちらをご覧ください。

関連記事