MENU

Windows 10 を高速化する方法(動作が重い場合の改善方法)

Windows10を高速化する方法を紹介します。

Windows10の高速化

Windows10の動作が重くてイライラする。そんな場合は今回紹介する方法で重い動作を改善し、Windows10を高速化しましょう。

上から順にひとつずつ試してみて、Windows10が高速化してみましょう。記載している手順がわかりにくい場合は詳しい操作・設定方法を確認してください。

改善方法①:パソコンを再起動する

動作が重い/遅いと感じたら、まずはパソコンを再起動しましょう。

パソコンを再起動することで無駄なアプリやプロセスが占拠していたメモリが解放されます。そのため、パソコンを再起動するだけで改善される場合があります。

手順
  1. 「スタートメニュー」から「電源アイコン」をクリックします。
  2. 「再起動」をクリックし、パソコンを再起動しましょう。

改善方法②:電源プランを変更する

Windows10の電源プランには「バランス」「省電力」「高パフォーマンス」があります(選択できるプランはパソコンによって異なります)。

電源プランとして「省電力」が選択されていた場合、パソコンは省電力ためパフォーマンスを抑えてしまいます。そのため、電源プランを「バランス」か「高パフォーマンス」「究極のパフォーマンス」に変更することで、パソコンの動作が改善されることがあります。

手順
  1. 「Windowsボタン」を右クリックします。
  2. クイックアクセスメニューの「電源オプション」を選択します。
  3. コントロールパネルが起動するので、「電源の追加設定」を選択します。
  4. 「電源プラン」を確認しましょう。
  5. 電源プランが「バランス」か「高パフォーマンス」の場合はそのままでOKです。
  6. 電源プランが「省電力」の場合は、「現在利用可能でない設定を変更します」をクリックし
  7. 「バランス」か「高パフォーマンス」を選択しましょう。

改善方法③:アプリのスタートアップを無効にする

大抵のパソコンは、使用しないアプリが自動起動(スタートアップ)するように設定されています。そのため、それらのアプリがバックグラウンドでリソースを消費し、パソコンのパフォーマンスを悪くしてしまいます。

手順
  1. 「Windowsボタン」を右クリックします。
  2. クイックアクセスメニューから「アプリと機能」を選択します。
  3. Windowsの設定が表示されるので、左メニューの「スタートアップ」を選択し
  4. 不要なアプリを無効にしましょう。

改善方法④:アプリのバックグラウンド実行をオフにする

バックグラウンドで動いているアプリを停止して、使用されていたリソースを解放しましょう。

手順
  1. 「Windowsボタン」を右クリックします。
  2. クイックアクセスメニューの「設定」を選択します。
  3. 「Windowsの設定」が表示されるので、「プライバシー」を選択します。
  4. 左メニューの「バックグラウンドアプリ」を選択し
  5. 「アプリのバックグラウンド実行を許可する」を「オフ」にしましょう。
  6. または個別アプリのバックグラウンド実行を「オフ」にしましょう。

改善方法⑤:OneDriveを停止

OneDriveは自動でファイルをクラウドストレージにバックアップしてくれる便利なアプリです。

しかし、ファイルを編集・変更するとパソコンとクラウドストレージとを頻繁にアクセスするので、パフォーマンスが悪くなる場合あります。そこで、動作改善のためにOneDriveの起動を一旦、停止してみましょう。

手順
  1. タスクバーの右下の方にある「OneDrive」アイコンを右クリックし
  2. 表示されたメニューの「設定」をクリックします。
  3. 「設定」タブを選択し、「WindowsにサインインしたときにOneDriveを自動的に開始する」からチェックをはずし、「OK」をクリック
  4. タスクバーの右下の方にある「OneDrive」アイコンを右クリックし
  5. 「OneDriveを閉じる」をクリックしましょう。

改善方法⑥:アニメーションなどの視覚効果を無効に

アニメーションなどの視覚効果を無効にし、パフォーマンスを優先しましょう。

手順
  1. 検索ボックスに「sysdm.cpl」と入力・起動しましょう。
  2. システムのプロパティです。上部タブ「詳細設定」を選択し
  3. パフォーマンスの「設定」をクリックします。
  4. 視覚効果の「パフォーマンスを優先する」を選択し、「OK」をクリックします。

改善方法⑦:ハードディスクの空き容量を増やす

ハードディスク(SSD)の空き容量が不足すると、Windowsが遅くなります。まずは空き容量を確認しましょう。

手順
  1. タスクバーから「エクスプローラー」を起動します。
  2. 左メニューの「PC」をクリックします。
  3. デバイスとドライブの「ローカルディスク」から容量を確認しましょう。

詳しい操作・設定方法の解説こちらをご覧ください。

空き容量を増やす方法はこちらを参考にして下さい。

改善方法⑧:ドライブのデフラグ(最適化)

ドライブを最適化(デフラグ)することで、ファイルデータの断片化が解消されます。これによりコンピューターが効率的に動作するようになります。

次の手順で、デフラグを実行しましょう。

手順
  1. スタートメニューの「Windows 管理ツール」から 「ドライブのデフラグと最適化」を起動
  2. ドライブを選択し、「最適化」をクリック

詳しい操作・設定方法の解説こちらをご覧ください。

改善方法⑨:GUIブートなし

Windows 10 の起動が遅い場合、「GUIブートなし」を設定しておきましょう。

次の手順で、「GUIブートなし」を設定します。

手順
  1. 検索ボックスに「msconfig」と入力。
  2. 「システム構成」を起動します。
  3. システム構成の「ブート」タブを選択し
  4. 「GUIブートなし」にチェックを入れ、「OK」をクリックします。

改善方法⑩:ハードウェアアクセラレーションによるGPUスケジューリングを有効に

「Nvidia GeForce」や「AMD Radeon」が搭載されているパソコンの場合。

ハードウェアアクセラレーションによるGPUスケジューリング機能を有効にすることで、GPU自身がメモリを直接コントロールすることができるようになります。そのため、パフォーマンスが改善される可能性があります。

手順
  1. 「Windowsボタン」を右クリックします。
  2. クイックアクセスメニューの「設定」をクリックします。
  3. Windowsの設定の「システム」を選択。
  4. 「グラフィックの設定」をクリックし
  5. 「ハードウェアアクセラレーション」を「オン」に
  6. パソコンを再起動しましょう。

改善方法⑪:インターネット速度の改善

インターネット速度が遅く、動作が重く感じている場合があるので、こちらを参考に改善してみましょう。

改善方法⑫:システムの復元・初期化

これまでの改善方法を実施してもパフォーマンスが重く改善しない場合は、システム(Windows10)を復元してみましょう。

改善方法⑬:システムの初期化

Windows 10 の使い方や設定

関連記事