MENU

Windows10の空き容量を増やす(ハードディスク・SSD)

Windows10の空き容量を増やす方法を紹介します。

目次

Windows10 – ハードディスクの空き容量

ハードディスク(SSD)の空き容量が不足している場合!

Windows の設定から

  • Windows アップグレード ログ ファイル
  • Windows エラー報告ファイル

……といったログなどの一時ファイルを簡単に削除し、今すぐ! 空き領域を増やすことができるので

ここではその方法を紹介します。

Windows10 – ディスクの空き容量を増やす

それでは実際に空き容量を増やしてみましょう。

スタートボタン


スタートボタンをクリックし

スタートメニュー


スタートメニューの「歯車」アイコンをクリックします。

Windowsの設定


Windows の設定です。「システム」をクリックします。


左メニューの「記憶域」をクリックします。

記憶域(ストレージ)


記憶域の設定です。「ストレージセンサーを構成するか、今すぐ実行する」をクリックしましょう。

ストレージセンサー


「今すぐ空き領域を増やす」という項目からクリーンアップします。

領域が不足している場合は、このページの設定を使用して今すぐファイルをクリーンアップできます。

今すぐクリーンアップ


「今すぐクリーンアップ」をクリックしましょう。


すると、このようにチェックマークが入り「今すぐクリーンアップ」が完了します。

終了しました。○GBだけ空けることができました。

このようにクリーンアップした容量を確認することもできます。

ストレージセンサーの設定

アプリのアンインストール(削除)

回復パーティションの削除

Windows10 – デスクトップ関連の使い方

Windows10の使い方と設定

関連記事

目次
閉じる