MENU

Windows10 – ハードディスクの空き容量と用途を確認する方法

Windows10のハードディスクの空き容量と用途を確認する方法を紹介します。

ハードディスク(SSD)の容量と空き容量

使用しているハードディスク(SSD)の容量(Max容量)・空き容量がどのくらいか? どのような用途(ドキュメント・ピクチャ・ミュージック……など)に使われているかどうかを確認する方法をみていきます。

ここでは「Windowsの設定」と「エクスプローラー」から確認する方法をみていきます。

Windowsの設定から

スタートボタンをクリックし

スタートメニューの「歯車」アイコンをクリックします。

Windowsの設定

Windowsの設定です。「システム」をクリックします。

左メニューの「記憶域」をクリックします。

記憶域

ドライブの容量「使用済み / 空き」を確認することができます。

この例ではハードディスクの容量が次のようになります。
・Max容量:235GB
・使用済み容量:92.6GB
・空き容量:145GB

記憶域の使用状況と、空き領域を増やす方法を示します。使用している容量の多いカテゴリが表示されます。

  • アプリと機能
  • その他
  • 一時ファイル

「表示するカテゴリを増やす」をクリックすると

使用量の多い順にカテゴリが表示されます。

エクスプローラーから

次は「エクスプローラー」から確認する方法をみてみましょう。

タスクバーの「エクスプローラー」を起動し

左メニューの「PC」をクリックします。

デバイスとドライブの「ローカルディスク」から容量を確認することができます。

また、ドライブを右クリックして表示されるメニューから「プロパティ」をクリックすると

ローカルディスクのプロパティ

「ローカルディスクのプロパティ」ウィンドウが表示されるので、次の項目の詳細が確認できます。

  • 種類
  • ファイルシステム
  • 使用領域
  • 空き領域
  • 容量(円グラフ)

この例ではハードディスクの容量が次のようになります。
・Max容量:236GB
・使用済み容量:90.5GB
・空き容量:145GB

ディスクの空き容量を増やす

パソコンのスペック

その他、パソコンのスペックを確認する方法です。ご参考にどうぞ。

エクスプローラーの使い方

Windows10の使い方

関連記事