MENU

Windows 11 - リモートデスクトップを有効にする方法

Windows 11のリモートデスクトップを有効にする方法を紹介します。

リモートデスクトップとは、パソコン・タブレット・スマホからWindows(パソコン)をネットワーク経由で操作することができる遠隔操作機能のことです。

リモートデスクトップクライアント・アプリ(iPhone、iPad、Android、Mac、Windows、Linux で利用可能)を使用することで、Windows を遠隔操作することができるので、直接作業しているかのような使用感で、別のデバイスを操作することができます。

Microsoft Windows は、Remote Desktop Protocol(RDP)というプロトコルを用い、ポート番号「3389」を使用します。

リモートデスクトップを有効にするには「Windows 11 Pro」にアップグレードする必要があります。詳しくは、Windows 11 Home から Pro へアップグレードする方法をご覧ください

リモートデスクトップを有効にする方法は?

リモートデスクトップを有効にする方法は次の手順です。

  1. [設定] を起動する。


    ①「Windowsロゴ」を右クリックし
    ②「設定」をクリックします。

  2. [システム] → [リモートデスクトップ] を選択する。


    ①設定の左メニュー「システム」を選択し
    ②「リモートデスクトップ」をクリックしましょう。

  3. リモートデスクトップを [オン] にする。


    初期設定でリモートデスクトップは「オフ」になっているので、それをクリックしましょう。

  4. [確認] を選択する。


    「リモートデスクトップを有効にしますか?」と表示されるので、「確認」をクリックします。


    これでリモートデスクトップは有効になりました。

    ※ リモートデスクトップアプリを使用して、別のデバイスからこのPCを操作することができます。

これで Windows 11 リモートデスクトップを有効にする方法の解説は終了です。

今回、リモートデスクトップを有効にしたコンピューター(ホスト)への接続に必要な情報もあわせて確認しておきましょう。

リモートデスクトップ接続に必要な情報は?

  1. PC名を確認する。


    リモートデスクトップ接続する場合には「PC名」あるいは「IPアドレス」を使用します。

  2. リモートデスクトップユーザーを確認する。

    このコンピューターにリモートデスクトップ接続できるユーザーを確認します。


    「リモートデスクトップユーザー」をクリックすると


    このコンピューターに接続できるユーザー(リモートデスクトップユーザー)を確認・設定することができます。
    ①Administoratorsグループのメンバーは一覧に表示されていなくても接続できます。
    ②現在のユーザーにはアクセス権は与えられています。
    ③「追加」「削除」をクリックすると、アカウントを作成・追加・削除することができます。
    ④設定が完了したら「OK」をクリックします。

    ユーザーを管理者(Administratorsグループ)に変更する方法はこちらをご覧ください。

    Windows11のユーザーアカウント種類を変更する方法

リモートデスクトップを無効にする方法は以下で解説していますので、引き続きご覧ください。

リモートデスクトップを無効にする方法は?

リモートデスクトップを無効にする方法は次の手順です。

  1. [設定] を起動する。

    [スタートボタン] を右クリックし、[設定] をクリックします。

  2. [システム] → [リモートデスクトップ] を選択する。

  3. [リモートデスクトップ] を選択する。

  4. [確認] を選択する。


    「リモートデスクトップを無効にしますか?」と表示されるので、「確認」をクリックします。


    これでリモートデスクトップは無効になります。

Windows 11 の人気記事