MENU
\ 楽天スーパーセール開催中! /

Windows11|ユーザーアカウントの種類を変更する方法

ここではWindows11で、ユーザーアカウントの種類を変更する方法を紹介します。

アカウントの種類を変更

Windows 11のアカウントには「標準ユーザー」「管理者」の2つがあります。

  1. 標準ユーザー
    標準ユーザーは、ほとんどのソフトウェア(アプリ)を使用することができます。
    他のユーザー設定やセキュリティ設定は変更できません。
  2. 管理者
    管理者は、すべてのファイル・プログラムにアクセスすることができます。
    すべての設定を変更することができます。

ちなみに新しく作成したアカウントは「標準ユーザー」になります。

ユーザーの種類は簡単に変更することができるので、ここではその方法をみていきます。

変更方法はいくつかあるのでひとつずつみていきます。

①Windowsの設定

Windowsの設定から「アカウントの種類」を変更してみましょう。

①「Windowsロゴ」を右クリックし
②「設定」を選択します。

Windowsの設定

Windowsの設定です。
①左メニューの「アカウント」を選択し
②現在のアカウントが「管理者」であることを確認しましょう(アカウント種類の変更は「管理者」のみ可能)。
③「家族とその他のユーザー」をクリックします。

家族とその他のユーザー

「家族とその他のユーザー」設定です。
①「他のユーザー」というところから種類を変更したいユーザーアカウントを選択し
②「アカウントの種類の変更」をクリックします。

アカウントの種類の変更

アカウントの種類の変更です。
①アカウントの種類を「管理者」「標準ユーザー」を選択し
②「OK」をクリックします。

すると、アカウントの種類が変更できました。ここでは「標準ユーザー」から「管理者」へ変更できました。

②コントロールパネル

コントロールパネルから「アカウントの種類」を変更してみましょう。

次の手順で変更します。

手順
  1. タスクバーの「検索」アイコンをクリック
  2. 検索フォームに「コントロールパネル」と入力し、「コントロールパネル」を起動します。
  3. コントロールパネルの「ユーザーアカウント」→「アカウントの種類の変更」をクリックします。
  4. 変更するユーザーを選択します。
  5. 「アカウントの種類の変更」をクリックします。
  6. 「標準」「管理者」のどちらかを選択し、「アカウントの種類の変更」をクリックします。

③netplwizコマンド

netplwizコマンドを使って「アカウントの種類」を変更してみましょう。

次の手順で変更します。

手順
  1. 「Windowsロゴ」を右クリックし、「ファイル名を指定して実行」を選択します。
  2. 「netplwiz」と入力し、「OK」をクリックします。
  3. 変更するユーザーを選択し、「プロパティ」をクリックします。
  4. 上部タブ「グループメンバーシップ」を選択します。
  5. 「標準ユーザー」「管理者」のどちらかを選択し、「OK」をクリックします。

Windows 11のユーザー関連の記事

その他の Windows 11のユーザー関連の記事です。合わせてご覧ください。

関連記事