MENU
\ 楽天スーパーセール開催中! /

Windows11|ユーザーアカウントを削除する方法

ここではWindows11で、ユーザーアカウントを削除する方法を紹介します。

ユーザーアカウントの削除

Windows 11で使用していない(不要な)ユーザーアカウントとそのアカウントのデータを削除することで、ディスク容量の削減になります。

また、不要なアカウントをそのままにしておくことは、セキュリティ面からみても好ましくないので、削除しておきましょう。

削除方法はいくつかあるのでひとつずつみていきます。

①Windowsの設定から削除

Windowsの設定から「ユーザーアカウントを削除」してみましょう。

①「Windowsロゴ」を右クリックし
②「設定」を選択します。

Windowsの設定

Windowsの設定です。
①左メニューの「アカウント」を選択し
②アカウントが「管理者」であることを確認しましょう(アカウントの削除は「管理者」のみ可能)。
③「家族とその他のユーザー」をクリックします。

※ アカウントが「管理者」でない場合は管理者アカウントでログインしましょう。またはユーザーアカウントの種類を「管理者」へと変更しましょう。

家族とその他のユーザー

「家族とその他のユーザー」設定です。
①「他のユーザー」というところから種類を削除したいユーザーアカウントを選択し
②アカウントとデータの「削除」をクリックします。

アカウントとデータの削除

アカウントとデータの削除です。
注意事項(※)を確認し、問題なければ「アカウントとデータの削除」をクリックします。

※ このユーザーアカウントを削除すると、このユーザーのデスクトップ項目、ダウンロードしたもの、ドキュメント、写真、ミュージック、その他のファイルなどのデータがこのPCからすべて削除されます。

すると、このようにユーザーアカウントが削除できました。

②コントロールパネルから削除

コントロールパネルから「アカウントを削除」してみましょう。

次の手順で変更します。

手順
  1. タスクバーの「検索」アイコンをクリック
  2. 検索フォームに「コントロールパネル」と入力し、「コントロールパネル」を起動します。
  3. コントロールパネルの「ユーザーアカウント」→「ユーザーアカウントの削除」をクリックします。
  4. 削除するユーザーを選択します。
  5. 「アカウントの削除」をクリックします。
  6. 「ファイルを保持しますか?」と表示されるので、削除するアカウントの「ファイルの削除」「ファイルの保持」のどちらかをクリックします。
  7. 「アカウントの削除」をクリックします。

③netplwizコマンドで削除

netplwizコマンドを使って「アカウントを削除」してみましょう。

次の手順で変更します。

手順
  1. 「Windowsロゴ」を右クリックし、「ファイル名を指定して実行」を選択します。
  2. 「netplwiz」と入力し、「OK」をクリックします。
  3. 削除するユーザーを選択し、「削除」をクリックします。
  4. 「削除しますか?」というウィンドウが表示されるので、「はい」をクリックしましょう。

Windows 11のユーザー関連の記事

その他の Windows 11のユーザー関連の記事です。合わせてご覧ください。

関連記事