MENU

Windows 11 - ローカルアカウントを作成・追加する方法

ここではWindows11で、ローカルアカウントを作成・追加する方法を紹介します。

Windows 11では、Microsoftアカウントの利用が推奨されていますが、従来からあるローカルアカウント(ローカルのユーザーアカウント)を作成することもできるので、ここではその方法をみていきます。

※ Microsoftアカウントとは異なり、ローカルアカウントのパスワードを忘れてしまうとパソコンにログインできなくなってしまう恐れがあるので、パスワードを忘れないように注意しましょう。

ローカルアカウントの作成・追加する方法は?

Windows 11 にローカルアカウントの作成・追加する方法は次の手順です。

  1. [設定] を起動する。


    ①「Windowsロゴ」を右クリックし
    ②「設定」を選択します。

  2. [アカウント] → [家族とその他のユーザー] を選択する。


    Windowsの設定です。
    ①左メニューの「アカウント」を選択し
    ②現在のアカウントが「管理者」であることを確認しましょう(アカウント作成は管理者のみ可能)。
    ③「家族とその他のユーザー」をクリックします。

    ※ 現在のアカウントが「管理者」でない場合は管理者アカウントでログインしましょう。またはユーザーアカウントの種類を「管理者」へと変更しましょう。
    Windows 11 ユーザーアカウントの種類を変更する方法

  3. [アカウントの追加] をクリックする。


    「家族とその他のユーザー」設定です。
    「他のユーザー」というところにある「アカウントの追加」をクリックします。

  4. 「このユーザーのサインイン情報がありません」をクリックする。

  5. 「Microsoftアカウントを持たないユーザーを追加する」をクリックする。


    「Microsoftアカウントを持たないユーザーを追加する」をクリックしましょう。

  6. ローカルアカウントを作成する。


    このPCのユーザー(ローカル・ユーザーアカウント)を作成します。
    ①「ユーザー名」を入力し
    ②「パスワード」を入力します。
    ③入力したら画面をスクロールし


    ④「パスワードを忘れた場合」の質問と回答を選択・入力し
    ⑤「次へ」をクリックします。


    これでローカルアカウントの作成は完了です。

  7. 作成したローカルアカウントでサインインする。

    作成したローカルアカウントでサインインしてみましょう。


    ①「Windowsロゴ」をクリックし
    ②ユーザーアイコンをクリックします。


    作成した「ユーザー名」をクリックします。


    すると、サインイン画面が表示されるので「パスワード」を入力し、Enterキーを押します。

  8. 作成したユーザーの初期設定をする。


    作成したユーザーで初めてサインインした場合、このような画面が表示されるので、しばらく待ちましょう。


    デバイスのプライバシー設定です。
    ①プライバシーの項目ごとに「はい」「いいえ」を選択し
    ②「同意」をクリックします。


    作成したユーザーでサインインできました。

Windows 11 の人気記事