MENU

Windows 11 - Microsoftアカウントを作成・追加する方法

ここではWindows11に新しいMicrosoftアカウントを作成・追加する方法を紹介します。

Windows 11には、複数のMicrosoftアカウントを作成・追加することができるので、ここではその方法をみていきます。

ひとつのパソコンを複数人で使用する場合は、それぞれのアカウントをWindows11に追加し、利便性を高めましょう。また、各々のプライバシーを守りましょう。

Microsoftアカウントを追加する方法は?

Microsoftアカウントを追加する方法は次の手順です。

  1. [設定] を起動する。


    ①「Windowsロゴ」を右クリックし
    ②「設定」を選択します。

  2. [アカウント] → [家族とその他のユーザー] を選択する。


    Windowsの設定です。
    ①左メニューの「アカウント」を選択し
    ②現在のアカウントが「管理者」であることを確認しましょう(アカウント作成は管理者のみ可能)。
    ③「家族とその他のユーザー」をクリックします。

    ※ 現在のアカウントが「管理者」でない場合は管理者アカウントでログインしましょう。またはユーザーアカウントの種類を「管理者」へと変更しましょう。
    Windows 11 ユーザーアカウントの種類を変更する方法

  3. ユーザーアカウントを追加する。


    「家族とその他のユーザー」設定です。
    「他のユーザー」というところにある「アカウントの追加」をクリックします。


    ①Microsoftアカウントの「メールアドレス」を入力し
    ②「次へ」をクリックします。


    ①準備が整いました。
    ②「完了」をクリックします。

    これで Microsoft アカウントの追加は完了です。

追加したMicrosoftアカウントでサインインしてみましょう。

追加したMicrosoftアカウントでサインインしてみよう

  1. Microsoftアカウントでサインインする。


    ①「Windowsロゴ」を選択し
    ②ユーザーアイコンをクリックします。
    ③追加した「Microsoftアカウント」をクリックします。


    「サインイン」をクリックしましょう。


    ①「パスワード」を入力し
    ②「サインイン」をクリックします。

  2. PINを作成(セットアップ)する。


    PINの作成です。「次へ」をクリックします。


    PINのセットアップです。
    ①「新しいPIN」「PINの確認」を入力し
    ②「OK」をクリックします。


    追加したユーザーで初めてサインインした場合、このような画面が表示されるので、しばらく待ちましょう。

  3. OneDriveを設定する。


    OneDriveを使用してファイルをバックアップできます。
    ※ ここでは「このPCにのみファイルを保存する」をクリックしています。

  4. デバイスのプライバシーを設定する。


    デバイスのプライバシー設定です。
    ①プライバシーの項目ごとに「はい」「いいえ」を選択し
    ②「同意」をクリックします。


    追加したMicrosoftアカウントでサインインできました。

Windows 11 の人気記事