MENU

Windows 11 - ユーザーアカウントを一時的に無効にする方法

Windows 11 のユーザーアカウントを一時的に無効にする方法を紹介します。

Windows 11 では、作成したユーザーアカウントを一時的に無効にして、ログインできなくすることができるので、ここではその方法をみていきます。

ユーザーアカウントを一時的に無効にする方法は?

ユーザーアカウントを一時的に無効にする方法は次の手順です。

  1. コンピューターの管理を起動する。


    ① スタートメニューで [コンピューターの管理] を検索
    ② [開く] をクリックします。

  2. [システムツール] → [ローカルユーザーとグループ] → [ユーザー] を選択する。


    ① コンピューターの管理の左メニューから [システムツール] → [ローカルユーザーとグループ] を選択します。
    ② [ユーザー] を選択します。

  3. 無効にするユーザーの [プロパティ] を開く。


    ① 無効にするユーザーを右クリックし
    ② [プロパティ] を選択します。

  4. ユーザーアカウントを無効にする。


    [アカウントを無効にする] にチェックを入れ
    [OK] をクリックします。


    無効になったアカウントには [↓] 下向きの矢印が表示されます。

無効にしたユーザーアカウントを再び使用する場合は以下の方法で、有効に戻しましょう。

ユーザーアカウントを有効にする方法は?

ユーザーアカウントを有効にする方法は次の手順です。

  1. スタートメニューで [コンピューターの管理] を検索し、[開く] をクリックします。

  2. [システムツール] → [ローカルユーザーとグループ] → [ユーザー] を選択します。

  3. 有効にするユーザーを右クリックし、[プロパティ] を選択します。

  4. [アカウントを無効にする] からチェックをはずし、[OK] をクリックします。

Windows 11 の人気記事