MENU

Windows 11 - ディスククォータの設定(使用量の制限)

Windows 11 のディスククォータを設定する方法を紹介します。

Windows 11 には、管理者がディスクの使用容量を管理する [クォータ] 設定が用意されています。

ディスククォータを有効にして、ユーザーにクォータ制限を設けることで、ユーザーが保存できるデータ使用量を制限することができます。

多くの人が使用するパソコン(会社の共有PCなど)で、ディスクの使用量にユーザー毎の制限を設定したい……そんな場合は今回紹介する方法を参考にしてください。

クォータは、NTFSにフォーマットされたドライブ(ディスク)で設定できます。

ディスククォータを設定する方法は?

Windows 11 ディスククォータを設定する方法は次の手順です。

  1. [エクスプローラー] を起動する

  2. [ディスクのプロパティ] を開く


    ①左メニューの [PC] を選択し
    ②ドライブを選択・右クリックし
    ③[プロパティ] をクリックします。

  3. [クォータ設定の表示] をクリックする


    ディスクのプロパティです。
    ①[クォータ] タブを選択し
    ②[クォータ設定の表示] をクリックします。

  4. [クォータの管理] を有効にする


    クォータ設定です。
    デフォルトではディスククォータは無効になっているので
    [クォータの管理を有効にする] をクリックしましょう(チェックを入れましょう)。

  5. [クォータ] を設定する


    ①ディスククォータを設定しましょう。

    • [クオータ制限を超過したユーザーのディスク割当を拒否する] にチェックを入れると、クォータ制限に達したユーザーがディスクに書き込めなくなります。
    • このボリューム上の新規ユーザーに対する既定のクォータ制限値を選択してください。
      • この使用を制限しない
      • ディスク領域を制限する

    ユーザーの使用量を制限する場合は [ディスク領域を制限] するにチェックを入れ、制限する容量を設定しましょう。警告レベルを設定することもできます。

    • ユーザーがクォータ制限値を越えたらイベントをログに記録する
    • ユーザーが警告レベルを越えたらイベントをロクに記録する

    ②設定が終わったら、[適用] をクリックします。


    [ディスククォータ] ウィンドウが表示されるので、[OK] をクリックしましょう。

    これでクォータ設定の完了です。

これで Windows 11 ディスククォータを設定する方法の解説は終了です。

ユーザーのディスク使用量を確認する方法は?

ユーザーがディスクをどのくらい使用しているか? を確認してみましょう。

  1. 「エクスプローラー」を起動する。

  2. 「ディスクのプロパティ」を開く。

    エクスプローラーの左メニューの [PC] を選択、ドライブを選択・右クリックし、[プロパティ] をクリックします。

  3. [クォータエントリ] をクリックする。

  4. [クォータエントリ] を確認する。


    クォータのエントリです。次の項目を確認することができます。

    • 状態
    • 名前
    • ログオン名
    • 使用量
    • クォータ制限
    • 警告レベル
    • 使用率

    上部の [項目] をクリックすると、その項目でソートすることもできます。

  5. ユーザーごとに制限を設定する。

    ユーザーごとに制限を設定することもできます。


    [ユーザー] を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。


    ディスクの使用量を設定変更しましょう。

  6. 管理者のディスク使用を無制限にする。

    管理者のディスク使用を無制限にすることもできます。


    ①[ディスクの使用を制限しない] を選択し
    ②[OK] をクリックします。


    設定を変更することで、上限値を越えていた管理者の状態が [OK] に変わります。

これで Windows 11 ディスククォータの設定(使用量の制限)の解説は終了です。

Windows 11 の人気記事