MENU

Windows11でアプリやファイルの保存先を変更する方法

Windows11でアプリやファイルの保存先を変更する方法を紹介します。

アプリ、ドキュメント、音楽、画像、ビデオ、地図……といった新しいコンテンツのデフォルトの保存先は、システムドライブ(Cドライブ)に設定されています。

これらの保存先は変更することができるので、ここではその方法をみていきます。

Cドライブの容量が少なくなってきた……そんな場合は例えば、[Dドライブ] といった他のドライブに保存先を変更しましょう。

新しいコンテンツの保存を変更する方法

それでは実際に変更してみましょう。

①[スタートボタン] を右クリックし
②[設定] を選択します。

Windowsの設定

Windowsの設定です。
①左メニューの [システム] を選択し
②[記憶域] をクリックしましょう。

記憶域

記憶域の設定です。
①[ストレージの詳細設定] を選択し
②[新しいコンテンツの保存先] をクリックしましょう。

新しいコンテンツの保存先

新しいコンテンツの保存先です。

  • アプリ
  • ドキュメント
  • 音楽
  • 写真とビデオ
  • 映画とテレビ番組
  • オフラインマップ

アプリ、ドキュメント、音楽、画像、ビデオ、地図が既定で保存される場所を変更します。

新しいアプリの保存先

ここでは例として [新しいアプリの保存先] を変更していきます。

[新しいアプリの保存先] のドライブを選択・変更し

[適用] をクリックします。

すると、このようにDドライブに変更しました。

これで設定完了です。

保存先の確認

次回から新しいコンテンツは [Dドライブ] に変更されます。

Windows 11 ドライブ関連の記事

Windows 11 ドライブ関連の記事です。あわせてご覧ください。